関東最大級の「無印良品 港南台バーズ」 クイーンズ伊勢丹と協業し地産地消や地域との交流に注力

松尾 友幸 (ダイヤモンド・チェーンストア 記者)
Pocket

「無印良品」を運営する良品計画(東京都/松﨑曉社長)は514日、神奈川県横浜市の「無印良品 港南台バーズ」(以下、港南台バーズ店)を増床リニューアルグランドオープンした(1階の非食品売場は422日に先行オープン)。「クイーンズ伊勢丹」を展開するエムアイフードスタイル(東京都/雨宮隆一社長)や水産専門店と共同で運営する「食の大型専門店」を導入した関東最大級の店舗だ。

無印良品 港南台バーズの食品売場はエムアイフードスタイル、中島水産と共同で運営する
無印良品 港南台バーズの食品売場はエムアイフードスタイル、中島水産と共同で運営する

関東の店舗で初めて生鮮フルラインの品揃えを実現

 港南台バーズ店があるのは、JR根岸線「港南台」駅前にある大型商業施設「港南台バーズ」の地上1階と地下1階だ。もともとは百貨店の「髙島屋港南台店」があったが、20208月に撤退。「食品の専門店売場がなくなって困っている」という声が多数あり、良品計画に声がかかったという。

 今回の改装における最大のポイントは、生鮮食品をフルラインで品揃えする「食の大型専門店」を地下1階に導入したことだ。食品スーパー(SM)としての機能を担う形態での出店は、「無印良品 イオンモール境北花田」(大阪府堺市)、「無印良品 京都山科」(京都府京都市)に続いて3店舗目となる。

 港南台バーズ店の食品売場の大きな特徴は、「クイーンズ伊勢丹」を展開するエムアイフードスタイル、水産専門店の中島水産(東京都/中島明社長)と良品計画が共同で運営している点だ。先の2店舗では地元の専門店がコンセッショナリーとして各部門を運営する形態もみられたが、今回のようにSMチェーンと共同で食品売場を展開するのは初の試みである。「(クイーンズ伊勢丹は)一テナントとしての出店ではなく、お客さまのために一緒に何ができるかを考えていく」(三品正洋店長)

三品正洋店長
三品正洋店長

 「クイーンズ伊勢丹」は三越伊勢丹ホールディングス(東京都/細谷敏幸社長)傘下の高質SMとして知られる。同じ施設内には「相鉄ローゼン」があり、周辺にもいくつかのSMがあるものの、旧髙島屋港南台店の利用客からは、「高品質な食品を購入できる場所がなくなった」という声が多く、お客が求める品質や商品情報の提供を実現できるパートナーとして、「クイーンズ伊勢丹」とタッグを組んだとのことだ。中島水産に関しては、髙島屋時代からテナントとして営業していた実績があり、一定の固定客がついていたため、引き続き出店を依頼した。

 

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media