「無印良品」が福島・浪江町の道の駅に出店、全国で初

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

福島県浪江町の「道の駅なみえ」の外観
浪江町の復興のシンボルとして、2020年8月にプレオープンした「道の駅なみえ」に出店する

 良品計画は3月20日、福島県浪江町の「道の駅なみえ」に「無印良品」を出店する。無印良品が道の駅に出店するのは、全国で初めて。

 道の駅なみえは、東日本大震災および東京電力福島第一原子力発電所の事故で大きな影響を受けた浪江町の復興のシンボルとして、2020年8月にプレオープンした。良品計画は20年11月に浪江町と地域振興を目的とする連携協定を結んでおり、その一環で無印良品の出店が決まった。

 「無印良品 道の駅なみえ」は、住民主体のまちづくりを行う一般社団法人「まちづくりなみえ」がライセンスストアとして運営する。売り場面積は48坪(約158平方メートル)で、無印良品で人気のレトルトカレーや天然素材の肌着など生活必需品を中心に取り揃える。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media