ストア・オブ・ザ・イヤー2位はUSMHの買い物体験型SM1号店、3位にはあのオーガニックスーパー!

ダイヤモンド・チェーンストア編集部
Pocket

見るべき店大

SOY2 2位 マックスバリュ おゆみ野店

授賞理由

●大胆なレイアウトで斬新な店舗
●ビジュアルマーチャンダイジングが素晴らしい
●総菜の量り売りの種類が多く選ぶのが楽しくなる
●従業員と対面式で買物ができるのは、今どき珍しくて楽しい
●コロナ禍でも、元気がもらえるようなSMだ
●制服が一新されイメージアップにつながっている
●店の内外に休憩スペースがあり、ゆっくり買物ができる

マックスバリュおゆみ野店の外観
●改装オープン日: 2020年10月16日
●所在地: 千葉県千葉市緑区おゆみ野南5-37-1「イオンタウンおゆみ野」内
●アクセス: 京成電鉄千原線「おゆみ野」駅より徒歩約15分
●営業時間: 8:00~24:00
●売場面積: 3006㎡
●年商目標: 40億円

目標年商40億をめざす「買物体験型スーパーマーケット」

 2位に選ばれたのは、ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(東京都/藤田元宏社長:以下、U.S.M.H)傘下のマックスバリュ関東(東京都/島田諭社長)が「買物体験型スーパーマーケット」の1号店として大改装した「マックスバリュおゆみ野店」だ。

 同社はこの数年、既存店の活性化に注力し、直近2期(2019~20年2月期)の決算では増収・営業増益を達成した。この成長を軌道に乗せるべく推進しているのが、次代の成長を担う新フォーマットの構築で、その1号店に選ばれたのがいちばんの繁盛店であるおゆみ野店だ。

 同店では、①滞在時間を楽しむS M、②五感を刺激するSM、③自分好みのSM、④買物以外の目的のあるSM、の4つをテーマに掲げ、新フォーマットの構築に取り組んでいる。

 具体的には、商品のシズル感なども楽しみながら店内に滞在してもらうため、農産・水産売場で対面売場を新たに導入し、お客が従業員との会話を通じて買物を楽しめるようにした。総菜売場では、農産や水産で扱う新鮮な素材を使った商品を新たにラインアップ。ガラス張りの対面売場で、調理のライブ感もアピールしている。

 また、デジタル活用によりショートタイムショッピングのニーズにも対応。お客が商品のバーコードをスキャンし、レジに並ぶことなく精算できるU.S.M.H開発の専用アプリ「Scan&Go(スキャンアンドゴー)」も導入した。

 同店は、改装後2年ほどかけて年商40億円を達成したい考えだ。

 

SOY3 3位 ビオラル 丸井吉祥寺店

授賞理由

●小型店舗だが、品揃えも十分満たしており、ふだん使い可能なオーガニックストアを体現できている
●狭小店舗ながら健康・自然・オーガニックなどのこだわり商品の品揃えが素晴らしい
●オーガニックのオリジナル商品、ナッツの量り売りなどたくさんのチャレンジがあり、ワクワクするお店
●コロナ禍のニーズとマッチしている
●これまでの自然派SMと比べ低価格を実現している

ビオラル丸井吉祥寺店の店内
●オープン日: 2020年12月19日
●所在地: 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-7-1丸井吉祥寺店1階
●アクセス: JR中央線・総武線、京王井の頭線「吉祥寺」駅より徒歩約1分
●営業時間: 10:30~20:00
●売場面積: 272㎡

ライフの自然派SM首都圏1号店

 3位入賞は、ライフコーポレーション(大阪府/岩崎高治社長:以下、ライフ)の「ビオラル丸井吉祥寺店」だ。

 「ビオラル」は「オーガニック」「ローカル」「ヘルシー」「サスティナビリティー」をコンセプトに掲げるライフの自然派SMだ。16年に1号店の「靭うつぼ店」(大阪府大阪市)をオープン。丸井吉祥寺店はそれから約4年半を経て出店した2号店で、首都圏では初の店舗となる。

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media