ストア・オブ・ザ・イヤー1位は、猛烈な安売り攻勢でお客の心をつかんだ関西1号店

ダイヤモンド・チェーンストア編集部
Pocket

見るべき店大

SOY1 1位 ロピア 寝屋川島忠ホームズ店

授賞理由

●勢いがすごい
●商品のボリューム、目に訴えてくるPOPなどに驚く
●とにかく安い。ここまで安いと毎日行きたくなる
●関西初出店、意気込みを感じる
●衝撃的な価格、集客力抜群の目玉商品。関西にはないスタイルだ
●精肉を中心に満足度が高い
●関西で地盤を築くため強烈な戦略をとっている

ロピア寝屋川島忠ホームズ店の外観
●オープン日: 2020年9月29日
●所在地: 大阪府寝屋川市日新町3-15
●アクセス: 京阪電気鉄道京阪本線「香里園」駅より徒歩約15分
●営業時間: 10:00~20:00
●売場面積: 約700坪(歩測)

最新の商品政策で“稼ぎ頭”をめざす

 射止めたのは、ロピア(神奈川県/高木勇輔代表)の関西1号店「寝屋川島忠ホームズ店」だ。

 「今、最も勢いのあるスーパー」との呼び声も高く、強烈な低価格攻勢と高速出店によって首都圏で勢力を急拡大する同社。2020年2月期の売上高は対前期比17.6%増の1595億円と、近年の食品スーパー(SM)業界では類を見ない急成長ぶりを見せている。

 16年頃から積極出店に乗り出した同社は年間5~6店舗のペースで出店しており、19年には8店舗を出店。21年2月期に入ってからも、その勢いは衰えを知らず、さらなる成長の場として食指を伸ばしたのが関西だ。20年9月29日、大阪府の北東部に位置する寝屋川市に「ロピア寝屋川島忠ホームズ店」(以下、寝屋川店)をオープンした。

 寝屋川店は、京阪電気鉄道京阪本線「香里園」駅の南西約1㎞、島忠(埼玉県/岡野恭明社長)が運営するホームセンター(HC)「ホームズ寝屋川店」の1階部分にある。交通量の多い国道170号線沿いにあり、クルマでのアクセスにも優れている。

 首都圏で多数の実績があるHC内への出店となった同店。売場面積は首都圏の「ららぽーとTOKYO-BAY店」(千葉県船橋市)、「港北東急SC店」(神奈川県横浜市)、「ららぽーと海老名店」(神奈川県海老名市)に匹敵する規模となっている。これらはいずれもロピアの“稼ぎ頭”的な店舗であり、同社からすればそれだけの力を発揮できる自信があるということだろう。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media