生鮮総菜も強化! 大髙会長の期待を超えた最新店舗「ヨークベニマル桑野店」の総菜戦略

松尾 友幸 (ダイヤモンド・チェーンストア 記者)
Pocket

東北や北関東で食品スーパーを展開するヨークベニマル(福島県/真船幸夫社長)は2023127日、福島県郡山市に「ヨークベニマル桑野店」(以下、桑野店)をオープンした。同店の大きな特徴は、若い世代を主要ターゲットにした商品政策(MD)だ。本稿では、そのなかでも総菜売場にフォーカスして解説する。

ヨークベニマル桑野店
ヨークベニマル桑野店

若いマネージャーを中心に店づくり

 東北新幹線・JR各線「郡山」駅からクルマを走らせること約15分。桑野店は郡山市の中心市街地に位置する。もともとこの地には同名の旧桑野店が約42年間営業していたが、老朽化等の理由により2111月に閉店した。スクラップ&ビルドにより約12カ月の歳月を経て、当日は予定時刻よりも30分ほど早く開店。“最強寒波”の余波が残る氷点下の厳しい寒さのなか、新たなスタートを切った。

 桑野店の売場面積は2206㎡。旧店と比較すると約1.7倍に拡大している。ヨークベニマルが運営するショッピングセンター(SC)「ヨークタウン桑野」の核店舗としての出店で、同SCにはクリーニング店(桑野店と同日オープン)のほか、「無印良品」(2331日開店予定)が入居する。

 同店の取り扱い商品数は14170SKU。売場面積が拡大したことで、全体の2割ほどが新しい商品だという。日常遣いの商品から「ちょっとおいしいもの」まで幅広い品揃えを提供している。

大髙善興会長
大髙善興会長

 また、桑野店ではZ世代やミレニアル世代といった若年層に合わせたMDに注力。「真船社長と30代前後の若いマネージャーたちが中心となって、コンセプトや品揃え、売場づくりを練っている」(大髙善興会長)という。

1 2 3

記事執筆者

松尾 友幸 / ダイヤモンド・チェーンストア 記者

1992年1月、福岡県久留米市生まれ。翻訳会社勤務を経て、2019年4月、株式会社ダイヤモンド・リテイルメディア入社。流通・小売の専門誌「ダイヤモンド・チェーンストア」編集部に所属。主に食品スーパーや総合スーパー、ディスカウントストアなど食品小売業の記者・編集者として記事の執筆・編集に携わる。趣味は旅行で、コロナ前は国内外問わずさまざまな場所を訪れている。学生時代はイタリア・トリノに約1年間留学していた。最近は体重の増加が気になっているが、運動する気にはなかなかなれない。

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態