ヨークベニマル

セブン&アイ・ホールディングスの完全子会社、ヨークベニマルは、食品スーパーの“東北の雄”として一定のシェアと絶大な知名度を誇る。地域と顧客に密着し、1店1店が自ら考え行動する「個店経営」のもと、それぞれのエリアで地域一番店をめざしている。

2021年、製造小売業をめざす方針を掲げ、「サプライチェーン改革プロジェクト」を立ち上げた。22年3月には総菜・弁当・寿司・ベーカリーの製造・販売を手掛ける子会社のライフフーズを吸収合併、製販一体型の事業モデルを強化している。また食品スーパーと惣菜事業を融合させたグローサラント事業にも取り組んでいる。

22年8月末現在の店舗数は242店舗。福島県を中心に宮城県、山形県、栃木県、茨城県の5県に広く店舗を展開する。23年2月期は、5年ぶりの2ケタ出店となる11店舗を計画。大型改装も12店で実施する。売り場面積300坪規模の小型店の展開も進めている。

ヨークベニマル

© 2022 by Diamond Retail Media