一次商圏3000人でも採算とる!ヨークベニマル友部スクエア店の売場づくりを徹底解説!

取材・文:阿部 幸治 (ダイヤモンド・チェーンストア編集長)
Pocket

ヨークベニマル友部スクエア店

ヨークベニマル友部スクエア店

見どころ
▶薄い商圏でも採算を取る、緻密な販売政策とオペレーション
▶桑野店からスタートした「オーガニック」コーナーの導入
▶地場野菜コーナー内で初展開する「オーガニック野菜」売場

 ヨークベニマル(福島県/真船幸夫社長)は2023年4月28日、茨城県笠間市に「ヨークベニマル友部スクエア店(以下、友部スクエア店)」をオープンした。

 茨城県内46店舗目の出店で、笠間市内への出店は11年開業の友部東平店に次ぐ2店舗目。競合店は、車で5分圏に、地場小売の「ディスカウントスーパー ヒーロー笠間店」のほか、「フードスクエアカスミ友部旭町店」「スーパーセンタートライアル笠間店」がひしめく激戦区だ。

 そうした中、売場面積2320㎡の友部スクエア店は、21年に一時閉鎖し新たに建て替えた近隣型ショッピングセンター(NSC)「伊勢甚友部スクエア」の核店舗として出店した。NSCにはこのほか「カワチ薬品」「ダイソー」などが入店する。

 友部スクエア店の初年度年商目標は12億円と規模は小さめだが、それは商圏人口が3㎞圏内で約1万7000人と少ないため。笠間市自体の人口は約7万2000人で、できるだけ広域から集客することで年商目標のクリアをめざす。

 さて、店内は主通路沿いを青果、鮮魚、精肉、日配、総菜とベーカリーの順に配置するオーソドックスなレイアウトである。

 青果売場では、

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

取材・文

阿部 幸治 / ダイヤモンド・チェーンストア編集長

マーケティング会社で商品リニューアルプランを担当後、現ダイヤモンド・リテイルメディア入社。2011年よりダイヤモンド・ホームセンター編集長。18年よりダイヤモンド・チェーンストア編集長(現任)。19年よりダイヤモンド・チェーンストアオンライン編集長を兼務。マーケティング、海外情報、業態別の戦略等に精通。座右の銘は「初めて見た小売店は、取材依頼する」。マサチューセッツ州立大学経営管理修士(MBA)。趣味はNBA鑑賞と筋トレ

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態