港町で鮮魚、魚総菜徹底強化!ヨークベニマル塩釜舟入店の売場づくりを徹底解説!

取材・文:阿部 幸治 (ダイヤモンド・チェーンストア編集長)
Pocket

ヨークベニマル 塩釜舟入店

ヨークベニマル 塩釜舟入店

〒985-0014 宮城県塩竈市舟入1-6-10
電話:022-766-9892
JR「本塩釜」駅より徒歩約20分

見どころ
▶丸魚の魚種が豊富な鮮魚売場
▶まぐろを軸に圧倒的な品揃えの魚総菜
▶冷凍食品と総菜が隣り合う売場配置

 ヨークベニマル(福島県/真船幸夫社長)は2022年12月1日、宮城県塩竈市に「ヨークベニマル塩釜舟入店(以下、塩釜舟入店)」をオープンした。

 塩釜舟入店のオープンで、塩竈市内は現在「塩釜北浜店」との2店舗体勢、近隣ではこのほか、「利府野中店」「多賀城店」で強固なドミナントエリアを形成する。なお同社は、JR塩釜駅前に38年間営業した「塩釜店」を構えていたが、老朽化に伴い22年10月に一時休業、同じ場所で23年冬に建て替えオープンする計画だ。

 さて、塩釜舟入店はJR本塩釜駅の南東約1.6㎞の距離にあり、主要道路である仙台塩釜線沿いにある。自社運営の近隣型ショッピングセンター(NSC)「ヨークタウン塩釜舟入」の核店舗としての出店であり、無印良品、ワークマンプラスという強力な集客力を持つテナントが入居する。

 車でのアクセスに優れ、NSC内への出店ということもあり、塩釜舟入店は2㎞圏内1万5593世帯/4万430人を基本商圏に設定する。売場面積は2035㎡と標準サイズで住関連2100SKUを含めた1万1240SKUを品揃えする。

 店内は、青果売場から始まり、主通路沿いを鮮魚、精肉、総菜・インストアベーカリーの順に核売場を配置。標準規模で出入口が2カ所ある店ではオーソドックスな配置だが、総菜売場と隣合わせで

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

取材・文

阿部 幸治 / ダイヤモンド・チェーンストア編集長

マーケティング会社で商品リニューアルプランを担当後、現ダイヤモンド・リテイルメディア入社。2011年よりダイヤモンド・ホームセンター編集長。18年よりダイヤモンド・チェーンストア編集長(現任)。19年よりダイヤモンド・チェーンストアオンライン編集長を兼務。マーケティング、海外情報、業態別の戦略等に精通。座右の銘は「初めて見た小売店は、取材依頼する」。マサチューセッツ州立大学経営管理修士(MBA)。趣味はNBA鑑賞と筋トレ

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態