2021年春夏「健康・機能性市場トレンド」 顕著な動きのあった4つのカ テゴリーを取り上げてレポート

室作幸江(ライター)
Pocket

東京都内のショッピングセンターの店内
長引くコロナ禍で特需的側面が薄れ、消費者の商品に対する価値判断の基準が厳しくなっているようだ。写真は、東京都内のショッピングセンターの店内。(ロイター/Yuriko Nakao )

新型コロナの影響で健康意識が高まり、健康・機能性市場は活況を呈している。しかし一方で、長引くコロナ禍で特需的側面が薄れ、消費者の商品に対する価値判断の基準が厳しくなっているようだ。そこで今回は、顕著な動きのあった4つのカテゴリーを取り上げてレポートする。

乳酸菌関連商品

大幅伸長したヨーグルトが一転 コロナ特需が薄れて前年並みに

【対象商品】ヨーグルト、乳酸菌飲料、乳酸飲料の全商品、その他カテゴリーで登録商品名に“乳酸菌”が含まれる商品

グラフ

「iMUSE」ブランドが好調 乳酸飲料で存在感を発揮

 新型コロナ対策の一環で、“免疫力を高める食品”として注目され、2020年3月~21年1月までは金額前年比プラスで推移していた乳酸菌関連商品。しかし、21年2月に前年比90.7%と大幅マイナスに転じた。細分類別でみると、ヨーグルトと乳酸菌飲料の低調が要因だ。カテゴリー構成比で9割を占める両者がいずれも2月は金額前年比90%だったことが影響している。

 なぜここまでダウンしたのか。withコロナ生活が定着し、一時の緊張感から“慣れ”が生じ始め、特需的側面が薄れたものと推測される。また、コロナ対策が功を奏したのか、今季はインフルエンザの流行もなかったため、例年のような予防需要がみられなかったことも一因に挙げられる。

 こうしたなか、日本初*の免疫機能の機能性表示食品として、キリンビバレッジが20年11月に発売した「iMUSE(イミューズ)」ブランドが好調だ。「健康な人の免疫機能の維持をサポート」するもので、12月には金額前年比829%を達成、直近2月も同227%と大幅伸長。乳酸飲料カテゴリーの中で10%前後の金額構成比を占め、存在感を高めている。

 その他カテゴリーについては、 “乳酸菌”をキーワードにした新商品が続々と発売されたため、10月は金額前年比147%と跳ねたが、その後はダウントレンドで直近2月には前年並みに戻っている。コロナ禍で消費者の健康情報リテラシーが高まり、価値ある商品の見極めが厳しくなった結果といえそうだ。

ベスト20

*免疫機能の機能性表示食品として届出公表された日本初のブランド

1 2 3 4

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media