日本生協連、PBで機能性表示食品を展開、GABA配合の3商品を発売

2019/08/06 09:38
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

日本生活協同組合連合会 「CO・OP減塩粒入りコーンスープGABA配合」「同リフレッシュ カロリーゼロGABA」
血圧降下作用やリラックス効果があるとされるGABAを配合した

 日本生活協同組合連合会は、プライベートブランドのコープ商品で機能性表示食品の展開を始める。第1弾として、血圧降下作用やリラックス効果があるとされるアミノ酸の一種、GABAを配合した食品を9月から順次発売する。

 9月1日に「CO・OP減塩粒入りコーンスープGABA配合」(6袋入り、税別278円)と微炭酸飲料「同リフレッシュ カロリーゼロGABA」(190ミリリットル、81円)、10月1日に「同クランチチョコレートGABA」(90グラム、198円)を発売する。全国の生協の宅配および店舗で取り扱う。取り扱いの有無や時期、価格は生協によって異なる。

 日本生協連では今後、他の機能性素材を使った商品の開発を検討し、機能性表示食品のラインアップを増やしていく。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media