ライフ、加速する京都戦略とは? 保守的な市内中心部への初出店が号砲!

サテライトスコープ:森本守人
Pocket

ライフコーポレーション(大阪府/岩崎高治社長、以下、ライフ)は、京都市内の出店を加速する。今年9月、ビジネス街の烏丸エリアに新店を投じたのを起点に、今後は毎年、店舗網を拡大。大阪市内では都心部の店舗展開で実績を重ねており、そこで構築したノウハウを活用し京都マーケットのさらなる深耕をめざす考えだ。

連日、多くの来店客で賑わう

 ライフは今年9月15日、京都市内に「ライフ四条烏丸店」をオープンした。メインストリートのひとつ、四条通に面しており、大企業や金融機関の支店、事務所が集積するビジネス街の烏丸エリアからは西500mの至近にある。

ライフ四条烏丸店
ライフが初めて京都市中心部に投じた四条烏丸店。来春を予定するホテルの1階に店を構える

 周辺は、京都市でも「田の字地区」といわれる注目エリアの一角。四条烏丸交差点を中心とした地域で、量販店向けのまとまった物件が出にくいうえ、保守的な土地柄で知られる。近年のホテル建設ラッシュに伴い地価も高騰、これまで地場企業による小型店はあっても売場面積300坪以上の本格的な食品スーパー(SM)はほとんどなかった。

 ライフが店舗を構えるのは、来春、開業を予定する高質ホテルの1階部分である。物件は間口に比べて奥行きが深い、京都特有のいわゆる「うなぎの寝床」の形状。売場面積は1205㎡、地域特性を考慮してレギュラータイプのライフよりもこだわり商品を積極的に取り入れたほか、落ち着いた内装を施している。

 オープン後は計画以上の利用客で連日、賑わいを見せる。10月下旬現在、早くも初年度目標に設定した19億円をクリアすると見られ、同社では強い手応えを得ている。

 ライフは今回の物件をどれほど前から準備してきたのだろうか。「実は、20年近く前から出たいと考えていた場所」。こう明かすのは、

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media