競合ひしめく東京エリアで7期連続増収増益を達成中!文化堂の戦略とは?

ダイヤモンド・チェーンストア編集部
Pocket

ローカルスーパー大

東京都・神奈川県で食品スーパー(SM)20店舗を展開する文化堂(東京都/山本敏介社長)は、競争が激しい都心部を事業エリアとしながらも、右肩上がりで成長を続けている。その背景には、失敗を恐れずに何度も挑戦を促す企業風土や他社にない商品の追求、商品に込められた想いを伝える売場づくりなどがある。

文化堂の強さのポイント

  1. 自社にしかない商品の追求
  2. “手書き風”の「黒看板コトPOP」による「想いの見える化」
  3. 成功事例共有による「モデリング(=マネ)」の徹底

NBではない冷凍食品を強化

 文化堂は現在の山本社長の就任以来、7期連続の増収・営業増益を続けている。2021年5月期は売上高250億円と過去最高の業績を達成。コロナ禍2年目では多くのSMが反動減に苦しむなか、直近の22年9月の既存店売上高は対前年同月比110%と好調だ。

旗艦店の「文化堂豊洲店」
旗艦店の「文化堂豊洲店」

 文化堂の店舗の約7割は店舗面積300坪以下と決して大きくはない。しかし、その大半が駅から徒歩数分という好立地で、都市開発の真っただ中にある大田区・品川区・中央区・江東区に集中している。「当社の出店エリアでは商圏人口が増加傾向にあり、子育て世代のファミリー層の比率も高まっている。だから毎年、必ず競合店が出店する激戦区だ」(山本社長)

 そうした激しい競争のなかで文化堂が業績を伸ばし続けられるのはなぜか。山本社長はその要因を

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media