八ヶ岳山麓の小さなスーパーに全国からお客が殺到する理由

2020/01/17 05:57
雪元史章(「ダイヤモンド・チェーンストア」副編集長)

山梨県と長野県にまたがり、日本百名山の1つにも数えられる名峰・八ヶ岳。その麓にある八ヶ岳高原の一角に、とてつもない集客力を誇る小さなスーパーがある。その名は「ひまわり市場」。1店舗しかないにも関わらず、そのユニークな運営手法と品揃えが注目を浴び、全国区のTV番組でも頻繁に取り上げられるほどの人気を誇るローカルスーパーだ。

駐車場には他県ナンバーがずらり

ひまわり市場
ひまわり市場の店内

 JR中央本線「小淵沢」駅からクルマでおよそ15分。名峰・八ヶ岳を望むのどかな高原地帯に、ひまわり市場はある。駐車場には他県ナンバーのクルマが目立ち、地元住民だけでなく広域から多くのお客を集めていることがうかがい知れる。昨年は全国放送のある情報番組の企画「ご当地スーパーマーケット頂上決定戦」で優勝を果たしたこともあり、ここをめざして日本全国からお客が押し寄せている。

 売場を眺めてみると、場所柄、地場産品に特化しているかと思いきや、そういうわけでもない。たとえば青果売場では全国から仕入れた旬の野菜や果物が並ぶが、そのほとんどが市場を介さずに直接仕入れたものだ。野菜ソムリエの資格を持つバイヤーが目利きした逸品が所狭しに並ぶ。

 さらに注目したいのは鮮魚売場だ。”海無し県”である山梨県にありながら、全国各地の産地から取り寄せた新鮮な魚介類が並び、さらにそれをネタにした寿司も豊富に取り揃える。ひまわり市場の那波秀和社長によると、「『デパートの食品売場でもここまでおいしい魚は手に入らない』と言って東京から魚を買いにいらっしゃる方もいる」ほどだという。

ひまわり市場
東京から魚を買いに来るお客もいるほど、鮮魚の品質は高い

 また酒類売場では、山梨県を代表する「甲州ワイン」のラインアップが豊富だ。酒類担当バイヤーが一軒一軒、醸造家を訪ね歩き、量販店には卸していないような隠れたワインも販売する。こうしたひまわり市場ならではの品揃えを求め、全国からお客が押し寄せているのだ。

ひまわり市場
山梨の名産・甲州ワインの品揃えは圧巻。バイヤーの粘り強い交渉で、外部の小売店にはまず並ばない商品もある

1 2 3

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media