今なお世界有数の技術を持つ日本 それを破壊する小売業の構造問題とは

河合 拓 (代表)
Pocket

無限の可能性をもったRFIDとIoTがセットになると

metamorworks/istock
metamorworks/istock

 同様に、私が定期的に行っているシークレット講演(私は定期的に若手経営者を集め、世界の、そして、アパレル産業の見方を討議している)に参加されたナクシス(https://naxis.net)の中村待朋社長にご招待を受け、そこで、再び度肝を抜かれる技術力に出会った。

 本論考執筆の1日前、つまり925日のことだ。Amazonの書評では、評価が二分化されている私だが、中には中村社長のように私のダイヤモンド・リテイルメディア・オンラインの論考をスクラップし全社員に回覧している経営者に時々巡り会える幸運な時がある。そんな方々との出会いを大事にし、小さくともうねりを作り、日本の産業界に貢献できればという思いで千駄ヶ谷本社に向かった。

  詳細は企業秘密もあり割愛するが、昨今のサステナブル潮流から、さまざまな原材料や廃棄物をリサイクルした付属品、また、独自技術をつかった真空パックによる積載率向上に寄与するための袋など、そこにはアイデアの塊のような商品が山のように積まれていた。

 私が最も驚いたのは、Iot  (Internet of things すべてのもの、業務がネットで繋がるというコンセプト)とセットで語られるRFID技術である。ご存知のとおりRFIDは、ICタグ情報を非接触で読み取る自動認識技術。私が提唱する「デジタルSPA」の中核をなす技術で、絶対単品管理のためにInlay(インレイ)というアンテナに埋め込まれたチップにさまざまな情報を記憶させ、今まで不可能だった細かな管理を可能たらしめる技術だ。

 しかし、このままではRFID技術は、残念ながら在庫管理にしか使われることはないだろう。そこには「商品」×「顧客」の組み合わせという当たり前の発想が、小売側にないからである。

 どういうことか?

1 2 3 4

記事執筆者

河合 拓 / 株式会社FRI & Company ltd.. 代表

株式会社FRI & Company ltd..代表 Arthur D Little Japan, Kurt Salmon US inc, Accenture stratgy, 日本IBMのパートナー等、世界企業のマネジメントを歴任。大手通販 (株)スクロール(東証一部上場)の社外取締役 (2016年5月まで)。The longreachgroup(投資ファンド)のマネジメントアドバイザを経て、最近はスタートアップ企業のIPO支援、DX戦略などアパレル産業以外に業務は拡大。会社のヴィジョンは小さな総合病院

著作:アパレル三部作「ブランドで競争する技術」「生き残るアパレル死ぬアパレル」「知らなきゃいけないアパレルの話」。メディア出演:「クローズアップ現代」「ABEMA TV」「海外向け衛星放送Bizbuzz Japan」「テレビ広島」「NHKニュース」。経済産業省有識者会議に出席し産業政策を提言。デジタルSPA、Tokyo city showroom 戦略など斬新な戦略コンセプトを産業界へ提言

筆者へのコンタクト

関連記事ランキング

関連キーワードの記事を探す

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態