平和堂、滋賀・甲賀市で移動販売の実証実験、6月から本格展開

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

甲賀市内で行った、平和堂の移動販売の様子
甲賀市内で行った移動販売の様子

 平和堂は、滋賀県甲賀市が主体となった移動販売の実証実験に参加した。実験は3月8日から20日まで行われ、同社は甲賀市内にある大型店「アル・プラザ水口」を拠点に、公民館や集会所など20カ所を巡回し、食品や日用品の移動販売を行った。

 甲賀市では、高齢者など買い物に行くのが困難な人の支援、コロナ禍での閉じこもり防止、地域住民同士の交流のきっかけづくりなどを目的に移動販売の実証実験を実施。平和堂のほか、市内の小売店や自治会、社会福祉協議会などが協力した。

 平和堂では、常温の食品・日用品など約200品目を販売。移動販売手数料として商品1点当たり11円(税込み)を加算した。6月以降は、生鮮食品も搭載可能な軽トラックの移動販売車両を使い、市内40カ所で本格的な移動販売を行う予定だ。

 平和堂は2010年9月から、電話やファクスで注文を受け付け、自宅まで商品を届ける「平和堂ホーム・サポートサービス」を開始しており、滋賀県内30店舗と、福井県と岐阜県のそれぞれ1店舗で同サービスを行っている。今回の実証実験では、ホーム・サポートサービスでの経験を生かした。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media