コロナウイルスのドラッグストアへの影響 特需発生もマツキヨだけが伸び悩む事情

2020/03/20 05:52
小木田泰弘(『ダイヤモンド・ドラッグストア』誌副編集長)

新型コロナウイルス(COVID-19)がドラッグストア(DgS)企業の業績に大きな影響を及ぼしている。マスクや除菌関連商品、トイレロールやティッシュペーパーなどの販売が大きく伸長している一方で、インバウンド需要が大きく落ち込んでいる。また、新型コロナウイルスの影響により、開店時期を延期するケースも出ている。

 トイレロールやティッシュペーパーの品切れは解消されつつある
トイレロールやティッシュペーパーの品切れは徐々に解消されつつある

マツキヨは免税全店売上高が50%強減少

 上場DgS企業の20202月度の既存店売上高が大きく伸びている。マスクや除菌関連商品、トイレロールやティッシュペーパーなどの“特需”が発生しているからだ。 

 ウエルシアホールディングス(東京都)の既存店売上高は対前年同月比20.6%増と急伸した。うち物販は20.8%増、調剤は同19.4%増だった。客単価は前年割れだったが、客数が同22.8%増となった。

 コスモス薬品(福岡県)の2⽉度の既存店売上高は同11.3%増。ココカラファイン(神奈川県)の既存店の「ドラッグストア売上高」(物販)は同10.2%、調剤薬局売上高は同7.4%増。スギホールディングス(愛知県)のスギ薬局事業は同21.8%増、ジャパン事業は同13.6%増。キリン堂ホールディングス(大阪府)は同16.5%増。薬王堂ホールディングス(岩手県)は同19.6%増となっている。

 一方、インバウンド売上高が大きいマツモトキヨシホールディングス(千葉県)の2月度の既存店売上高は同8.0%増と、2ケタには届かなかった。新型コロナウイルスに関する出入国制限等の影響により、免税全店売上高が50%強減少したことが響いた。

1 2

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media