好調!ドンキ運営のPPIHが“優等生化”!?新中計にみる新たに研ぐ成長の牙とは

椎名則夫(アナリスト)
Pocket

パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(以下、PPIH)の株価が堅調です。2022年8月29日の東証終値は2,431円で、前年末から+53%上昇しました。この間、東証株価指数は▲2%程度下落していますので、株価パフォーマンスの良さが際立ちます。PPIHの株価はとりわけ8月15日にジャンプしました。前営業日比+11%急騰し、その後おおむね株価の水準を維持しています。
今回はPPIHの最近の好調な株価推移を筆者なりに分析したいと思いますので、最後までお付き合いください。

■PPIHは2021年6月期で全体業績は好調だったものの主力のドン・キホーテは減収減益だった

2022年6月期通期決算が安心材料に

 PPIHの最近の株価の上昇は8月12日に発表された2022年6月期決算発表が契機になりました。まず注目すべきは数値面での安心感です。

 売上高は前年度比+7%増収の1.8兆円、営業利益は同+9%増益の886億円、経常利益は同+23%増益の1004億円、親会社株主に帰属する当期純利益は同+15%増益の619億円となり、増収増益基調が維持されました。売上高営業利益率は同横ばいの4.8%、ROEは同+1.7ポイント改善の15.3%となり、在庫も適宜管理されている模様で、経営効率面での底打ちが確認できました。

 また2023年6月期の会社予想も増収、営業増益となっています。経常利益と当期純利益は減益見通しとなっていますが、為替差損益の想定を保守的に織り込んでいる模様ですので、まずは営業利益の増益が株式市場で評価されていると思います。

 コロナ禍においては、インバウンド市場の消失、人流の変化、インフレによる消費者の価格志向の強まりと同社にとっての原価・操業費用の増加など、PPIHにとっては向かい風要因が多かったと思います。これを総じて見れば、見事に跳ね除けたと言えるでしょう。

新中長期経営計画を発表

さらにPPIHは2022年8月改定版の中長期経営計画も同日対外発表しています。

 PPIHは2020年2月に「Passion 2030」を公表しましたが、最近の事業環境の変化を踏まえて今回の修正に至っています。

 長期目標については、まず2030年6月期営業利益2000億円という目標が据え置かれました。ただし、「経営戦略の転換を推し進めるため」売上目標数値を廃止しています。

 筆者の推察するところ、PPIHは長期的にFC展開やPB(プライベートブランド)の外販など資本効率の高いビジネスへ移行することを選択肢に入れていると考えますが、現時点では材料不足ですので、これ以上掘り下げることはやめておきます。

 次に中期的計数目標として2025年6月期売上高2兆円、営業利益1200億円、営業利益率6%を掲げています。

 株式市場はこの成長志向と利益率に対するこだわりを高く評価していると思います。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態