黒字化達成のワールドを分析!リストラとM&Aの二兎を追う意味とは

河合 拓
Pocket

今回経営戦略を分析するのは、「東のオンワード、西のワールド」と並び称されたアパレルの雄、ワールド(兵庫県)である。2022年3月期決算で復活を遂げた同社だが、その経営戦略の中心は、沈みゆく日本市場である。ワールドが今後進む道を含め、解説していきたい(本稿で使用した図表は1〜5はワールド22年3月期決算説明会資料より<一部筆者が加筆>、図表6は筆者作成)。

アパレル業界に大きな影響を与えた、ワールドを分析する

ワールドといえば、次々と斬新な戦略で、アパレル業界に大きな影響を与えた企業で、その功績は計り知れない。販売員を正規社員にし、自らワールドプロダクションパートナーズ (WP2)を作り商社機能を内製化。感性が中心であったアパレル業界に論理と数字によるKPIを次々に作り上げ、当時、GMSでは常識だった52MD、週指数、在庫週数、タコヤキなど独自のツールも開発した。その後、非公開化で大胆な改革を成し遂げ、さらに再上場するなど、まさに日本のアパレル産業を代表する企業である。

同社出身の人材は産業界に数多くおり、日本のアパレル企業のブレインとして活躍している姿を幾度もみた。OBOGに共通するのは、強固なロジックと数値に裏打ちされた優れた人材であるということだ。

一方で、ワールドの成功体験は旧態化している部分もあり、私レベルの人間が言うのも憚るが、彼らと話をしていると、世界の動きを本当に理解しているのかと思わざるを得ないときがあり、同社の経営計画にもその点が如実に表れているように思う。

そこで今回はワールドの決算を分析したいと思う。本分析は、公開資料から得られる、私個人の分析であることをはじめにお断りしておく。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media