売り切れ続出!「ぽっちゃり女子」のための「ラ・ファーファ」ECモール好調の秘密とは?

2022/11/14 05:56
    堀尾大悟
    Pocket

    「ぽっちゃり女子」のためのファッション情報誌「la farfa(ラ・ファーファ)」が20227月に開設したECモール「la farfa SHOP ONLINE」が好調だ。同誌の人気モデルたちが思い思いにプロデュースしたワンピース、ブラウスなどのアイテムは、軒並み売り切れが続出している。一般的なアパレルブランドが最大でもLLまでのところ、最大で「10L」までを取り揃えるサイズ展開も“大きな”特徴だ。

    ニッチなマーケットを対象としたこのユニークなECモールは、同誌を発行する文友舎(東京都)と、アパレル大手ワールド(兵庫県/鈴木信輝社長の協業によって実現した。その協業にいたる経緯や、好調の秘密、今後の展開について、両社のキーマンに聞いた。

    プラスサイズファッションの先駆者

    「la farfa」のモデル
    「la farfa」のモデル

     「プラスサイズ」というファッション用語をご存じだろうか。平均より大きなサイズの、いわゆる「ぽっちゃり女子」を対象としたファッションカテゴリーを指す。

     そのプラスサイズファッションの、日本におけるメディアの先駆者が、2013年発刊のラ・ファーファ。主に20代半ば~30代半ばのぽっちゃり女子が読者層のファッション情報誌だ。

     ラ・ファーファをめくると、ガーリー系、コンサバ系から最近の流行のY2K2000年頃に流行ったファッション)まで、バラエティ豊かなファッションスナップが誌面を飾る。特徴的なのが、そのスナップとともにモデルの身長、体重、スリーサイズを明記していること。また、アイテムのサイズ展開も「2L4L6L」などとくわしく表記されている。

     「一般的な女性ファッション誌が『ぷに子』『マシュマロ女子』などのフレーズとともに一時的にプラスサイズ特集を組むことはあるが、プラスサイズだけに振り切った雑誌は他にはない。また、他誌ではプラスサイズと言ってもLからLLくらいまでだが、本誌では最大10Lまで展開するアイテムを紹介している」

     そう語るのは、ラ・ファーファ編集長の高井淳氏。ぽっちゃり女子たちにとって女性ファッション誌のモデルは憧れの存在ではあるが、スリムな体型のモデルが着用する服はほとんどがサイズ展開もなく、とても着られない。そのぽっちゃり女子たちに「自分でもおしゃれを楽しめる」実用的なファッション情報を提供し続けてきたのがラ・ファーファだ。2022年で発刊から9年目を迎え、ぽっちゃり女子たちの声に応えながらニッチなマーケットを牽引し続けてきた。

    1 2 3 4

    人気記事ランキング

    © 2022 by Diamond Retail Media