スターバックス、こども食堂で体験プログラム=全国36カ所で実施

時事通信社
Pocket

スターバックスの看板
(i-stock/mattjeacock)

 スターバックスコーヒージャパン(東京)は22日、こども食堂を利用する子どもらが、バリスタの職業体験プロジェクトを実施した。全国36カ所のこども食堂で開催し、さかえこども食堂には32人の子どもたちが参加した。

 開催は昨年度に続いて2回目。スターバックスの担当者は「こどもたちに人とつながることや一緒に時間をすごす楽しさ、やりがいを感じてほしい」と語った。

 飲料の売り上げの一部で、販売されているポップコーンなどをセットにしたギフトもプレゼントされ、多くの子どもたちが笑みを浮かべた。昨年は全国の子ども食堂で2万5500人の子どもにギフトを届けている。

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態