ファミマ、高付加価値PBでレンジアップのカレー4種類を新発売

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

ファミマのPB商品「ファミマルKITCHEN」の高付加価値LINE「ファミマル KITCHEN PREMIUM」のレンジアップカレー
電子レンジで温めるだけのバターチキンカレー、グリーンカレーなど4種類を全国の店舗で順次発売する

 ファミリーマートは5月17日、プライベートブランド(PB)「ファミマルKITCHEN(キッチン)」の高付加価値ライン「ファミマルKITCHEN PREMIUM(プレミアム)」から、電子レンジで温めるだけで食べられるカレー4種類を発売した。

 同日から全国のファミリーマート約1万6600店舗で順次、販売を開始する。コロナ禍によって高まる内食需要に対応するため、簡便性があり備蓄も可能な商品として開発した。

 発売したのは、22種類のハーブとスパイス、カシューナッツペーストを使用した「香ばしい炙り焼きチキン!バターチキンカレー」(税込398円)、レモングラスやスイートバジルを使用し、タイの工場で製造した「本場タイで作った!グリーンカレー」(398円)、焙煎したルウでコクや旨味を出した「ごろごろ牛肉の欧風ビーフカレー」(398円)、ココナッツミルクをふんだんに使った「ココナッツの香りとコク マッサマンカレー」(398円)の4種類。

 ファミリーマートは2021年10月から新PB「ファミマル」の展開を開始した。加工食品や日用品などの「ファミマル」、総菜や冷凍食品、弁当、サンドイッチなど中食商品の「ファミマルKITCHEN」、高付加価値ライン「ファミマルKITCHEN PREMIUM」の3つのラインで合計約830種類を展開している。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media