スマホ決済4社が業務提携解消、ヤフーとLINEの経営統合で

2019/12/20 10:45
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

キャッシュレス決済
提携解消によりMoPAの活動は終了するが、4社はキャッシュレス推進協議会が策定するコード決済の統一規格「JPQR」には引き続き参画する。

 スマートフォン(スマホ)を使った決済サービスを展開するLINE Pay(東京都品川区)、メルペイ(東京都港区)、NTTドコモ、KDDIの4社は12月19日、業務提携を終了した。LINE Pay親会社のLINEとヤフー親会社のZホールディングスが経営統合を決めたことが影響した。

 4社は「モバイルペイメントアライアンス(MoPA)」を通じて、スマホ決済サービスで利用するQRコードの共通化を進めていた。MoPAは2019年3月にLINE Payとメルペイが設立、同年6月にドコモが、9月にKDDIが参画した。

 提携解消によりMoPAの活動は終了するが、4社はキャッシュレス推進協議会が策定するコード決済の統一規格「JPQR」には引き続き参画する。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media