メルカリが多様性を認める企業、社会をめざす理由とは LGBT+の社内研修を一般公開

小内三奈
Pocket

「LGBTQ」や「LGBT+」など多様性のあるセクシャル・マイノリティへの理解、対応を企業は求められている。メルカリが社内研修用に作成したLGBT+に関するeラーニング動画が一般向けに公開された。企業の研修担当者のみならず、いつでもだれも見ることができる。

グループ全体で、「社内のダイバーシティ&インクルージョン(多様性と受容)」を強力に推し進めるメルカリが目指すのは、生物学的な性、ジェンダー・アイデンティティー、性的指向に関わらず、多様な人材が活躍できる環境の実現だ。グローバルに活躍する企業として、「インクルーシブなプロダクトやサービスの開発」を行うには、社員一人ひとりが多様で、インクルーシブなカルチャーを体現する必要があると考える。

メルカリが取り組むLGBT+への取り組みとは。D&Iチームのフアン・ガルシア氏に話を聞いた。

社内コミュニティから生まれたLGBT+の研修プログラム

東京レインボープライド2022
「東京レインボープライド2022」参加の様子

 グループ全体で、「社内のダイバーシティ&インクルージョン(多様性と受容)」を強力に推し進めるメルカリ。2018年から、「Pride@Mercari」、「WomenMercari」、「Multicultual@Mecari」という3つの社内コミュニティをつくるなど、社員を巻き込んだ活動を続けてきた。

 その中で「Pride@Mercari」は、LGBT+の当事者とそのアライ(ally、仲間の意味、多様な性のあり方に理解のあるサポーター)が集い、LGBT+に関する理解を促進するための社内勉強会やセミナーを開催している。

 20226月から一般向けに公開を始めたオンライン研修プログラム「Mercari Pride E-Learning」は、「Pride@Mercari」に集うメンバーが「LGBT+への社内理解をもっと深めたい」と自らの手で作り上げたeラーニング動画だ。本業とは別の、有志コミュニティ活動の中で完成した。

 東京都の調査によると「LGBT+の当事者の33%が、これまで性的マイノリティであることから困難な経験をしたことがある」と回答するなど、社会全体でLGBT+への理解がまだまだ進んでいないという実態だ。その内、最も経験率が高いのが「周囲のリテラシー不足によって引き起こされる問題」であるという結果もある。

 D&Iチームのフアン・ガルシア氏は「実際、数年前のメルカリ社内は、東京都の調査と同じような状況にあった。LGBT+を社員一人ひとりに正しく理解してもらうためにできることは何か。そう考えて『Mercari Pride E-Learning』を作成するに至った」と話す。

 20218月から、社内向け研修の一環として年1回グループ会社を含む全社員に向けて配信を行い、新任マネージャーは受講必須のプログラムとして位置づけている。

 あくまでも社内向けの研修プログラムだった「Mercari Pride E-Learning」。一般向け公開のきっかけは、特定非営利活動法人東京レインボープライドが主催する、アジア最大級のLGBTQ関連イベント「東京レインボープライド2022」(422日~424日開催)に、はじめて協賛、ブース出展したことにある。

 メルカリ出展ブースの来場者を対象としたアンケート調査で「メルカリに企業としてもっと取り組んでほしいものは何ですか?」という質問に対し、実に141名から「社内で使用している研修リソースを公開してほしい」の回答を得たのだ。多数の声が寄せられたことで、LGBT+を専門とする第三者機関による内容の監修を実施した上で、「Mercari Pride E-Learning」の社外公開を決めた。

出店ブース
「東京レインボープライド2022」の出店ブース

1 2 3

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media