リアル店舗との相互送客ねらう三井不動産のライブコマース SC巻き返しの“救世主”となるか?

堀尾大悟
Pocket

中国のEC市場で急成長を遂げているライブコマース。長期化するコロナ禍を背景に日本の大手ショッピングセンター(SC)でも検討・導入する動きが出てきた。いち早く動いたのが、ららぽーと、ラゾーナ川崎プラザ、ダイバーシティ東京プラザなどの「三井ショッピングパーク」を展開する三井不動産(東京都/菰田正信CEO)だ。202012月にライブコマースサイト「MEETS SHOP」を立ち上げ、週3本程度のペースでライブ配信を行っている。コロナで大打撃をこうむるSCの“救世主”に、ライブコマースはなりうるか。

昨年12月より試験的に導入

MEATS SHOPのトップページ
MEATS SHOPのトップページ

 「こちらのジャケット、ドライタッチの清涼感のある素材で、真夏でも快適に着ていただけます」

「すごく肌ざわりが良さそうですね。色合いも素敵で……さっそく『ストレッチ感はありますかー?』とコメントが届いています」

「はい、縦・横にストレッチ機能が付いています。肩回りもリラックス感があるのでデスクワークでもご着用いただけます!」

 「ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング」のスタッフが、春夏シーズンの新作のセットアップを手に、おすすめポイントを説明する。ららぽーと・ラゾーナ・ダイバーシティなどを含む「三井ショッピングパーク」のライブコマースサイト「MEETS SHOP」のライブ配信での一コマだ。

 スタッフがカメラに近づいて商品をアップで映したり、画面上に流れる視聴者のコメントにもMCがすぐ反応して、その場でスタッフが回答する。ライブ配信の特長を活かした視聴者とのやりとりもあり、リアルな買い物体験さながらの臨場感を演出している。

 202012月より、この「MEETS SHOP」を立ち上げた三井不動産。対象をららぽーと、ラゾーナ川崎プラザなど6施設に限定した試験運用で、週に3本のペースでライブ配信を行っている。顧客の反応も上々だと、同社商業施設本部 &mall事業室の飯原隆弘氏は笑顔を見せる。

 「普段リアル店舗をご利用いただいているお客さまからも、『なじみのあるお店の配信が視られて、コメントや『いいね!』でコミュニケーションできるのはいいですね』『配信を通じて商品の価格や情報を詳しく知ることができて便利です』などのお声を頂いています」。

1 2 3 4

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media