現地レポート 日本初!楽天と西友が公道走行の自動配送ロボットによる商品配達を開始

雪元史章(ダイヤモンド・チェーンストア副編集長)
Pocket

楽天(東京都)と西友(同)および神奈川県横須賀市は3月23日、同市内において自動配送ロボットを使った西友店舗からの商品配送サービスを期間限定で開始した。自動配送ロボットが公道を走行し食品スーパーの商品を配送する取り組みは、日本国内では初めてのこととなる。

ついに自動配送ロボットが公道を走行!

楽天西友UGV
利用客は暗証番号を入力して解錠し商品を受け取る

 楽天と西友が、日本の買物に大きな変革を起こし得る取り組みをスタートさせた。

 両社と横須賀市の3者は3月23日、同市内の馬堀(まぼり)海岸地区において、「西友馬堀店」を拠点にUGV(Unmanned Ground Vehicle)と呼ばれる自動配送ロボットを使った商品配達サービスを開始した。UGVは地域内の公道を走行し、顧客宅まで商品を配送。UGVが公道を走行して食品スーパーの商品を届けるという取り組みは国内では前例がなく、初めてのこととなる。

 サービスの概要は次のとおり。対象地域の住民はスマートフォンから専用の注文サイトから商品を選択、あるいは店頭のサービスカウンターで、住所と希望する配送時間帯を指定する。西友の店内で従業員が商品をピックアップしてUGVに格納、UGVが顧客宅まで自動走行し、到着すると顧客のスマートフォンに通知が行く。利用客はUGVの側面にある操作パネルに暗証番号を入力して解錠し、商品を取り出すという流れだ。支払いは楽天のアプリ決済「楽天ペイ」で行われる。

 対象となる商品は飲料、米、菓子、調味料、日用品など常温商品を中心とした約400品目。生鮮食品や冷凍食品など冷蔵・冷凍の商品は対象外となる。配送エリアは西友馬堀店周辺の約200m×約120mの範囲で、受付時間は10時~15時30分、1日の配送枠は11時、12時、13時、14時、15時、16時(いずれも店舗発時刻)の計6枠。サービス実施日は3月23日から4月22日までの1カ月のうち、火曜日と木曜日の計10日間となっている。このように限定的なエリア・日時での実験ということもあり、手数料は無料とした。

パナソニック製のUGVを使用

楽天西友UGV
今回導入したUGVはパナソニック製。遠隔操作に加え、保安要員も随行する

 一方、今回導入したUGVはパナソニック製で、サイズは全長115㎝・横幅65㎝・高さ115㎝。最大積載量は30㎏(買物カゴ約4個分)。最高速度は時速4kmで、実際の配送も時速4km程度で行われる。

 UGVには4つのカメラとドライブレコーダー1台が搭載されており、前者でクルマや人などの障害物を察知する。また、配送エリアから約5km離れた「横須賀リサーチパーク」でUGVの動きを遠隔監視しており、不測の事態の際にはすぐに遠隔操作に切り替えられる仕組み。さらに、UGVの配送時には保安要員が随行。国内初の公道走行による配送サービスということもあり、安全性に徹底的に配慮している。

 配送ルートについては、UGVにあらかじめ3Dマップがプログラミングされており、地図情報のほか一時停止などの標識情報も踏まえて自動で作成される。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media