イズミ新業態「ゆめテラス祇園」の食品売場を徹底解説!

取材・文:植芝 千景 (ダイヤモンド・チェーンストア 編集者)
Pocket

「ゆめテラス祇園」外観

ゆめテラス祇園

〒731-0113 広島県広島市安佐南区西原5-19-44
電話:082-874-8111
JR可部線「下祇園」駅から徒歩約5分

見どころ
▶丸魚を豊富に取り揃えた鮮魚売場
▶総菜売場のオリジナルブランド「zehi(ゼヒ)」
▶華やかな見た目のカットフルーツやデザートを揃える青果売場

ゆめテラス 魚本和正店長
魚本和正店長
「11月の全館オープン時には盆踊りを開催できるスペースも設置予定で、地域とのつながりを大切にした場の創出をめざしていきたいです」

イズミ(広島県/山西泰明社長)は6月1日、広島県広島市の「ゆめタウン祇園」をスクラップ&ビルドして開業するショッピングセンター(SC)の「ゆめテラス祇園」2階に「食品館」を先行オープンした。「ゆめテラス」はイズミによるSCの新業態で、山西社長は「各種イベントなどを開催することで、人と人とをつなぐ地域のコミュニティ拠点となってほしい」と開発のねらいを説明する。

 11月には延床面積約1万9500㎡の全館がオープンし、1階には美容院やクリーニング店、3階には「無印良品」のほか「ケンタッキーフライドチキン」などの飲食店が入居する予定だ。

 ゆめテラス祇園は、JR可部線「下祇園」駅から東に徒歩約5分、可部街道沿いにある。基本商圏を徒歩約5分圏内に設定し、同エリアに居住する約5万人/2万5000世帯をターゲットに据える。そのなかでもシニア層と、20~40代の子育て世代を取り込むべく、各売場では日々忙しく過ごす消費者のニーズに合わせた施策を展開。そのうえで売場面積約750坪の食品売場では生鮮強化と即食需要に応えた商品政策(MD)を展開している。

 入口すぐの総菜売場は、即食・簡便ニーズに応えるため、従来の店舗より売場を広く確保している。インストアで調理した商品を豊富に揃え、企画・製造・販売の全工程を自前で行うイズミのオリジナル総菜ブランド「zehi( ゼヒ)」の販売をとくに強化。

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

取材・文

植芝 千景 / ダイヤモンド・チェーンストア 編集者

同志社大学大学院文学研究科(国文学専攻)修了。関西のグルメ雑誌の編集部に所属後、ダイヤモンド・リテイルメディアに入社。日本酒、特に関西の地酒好き。趣味は、未知のものを食べること。「口に入れてから考える」ことをモットーに、日々さまざまな食べものを味わっている。

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態