病院併設の「イオンタウン幕張西」が10月21日開業、食品強化のウエルシアも

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

病院併設の「イオンタウン幕張西」完成イメージ
地上6階建てで約180の病床を持つ「幕張病院」は来年夏に開業する

 イオンタウン(千葉市)は10月21日、約180床の病院を併設する商業施設「イオンタウン幕張西」(同)をオープンする。医療法人白百合会(千葉県大多喜町)が運営する病院は2022年夏に開業の予定だ。

 10月21日にオープンする商業棟は、ドラッグストアの「ウエルシア」を核店舗とし、クリニックモールやフィットネスジム、コインランドリーがテナント出店する。

 核店舗のウエルシア イオンタウン幕張西店では、食品の品揃えを強化。青果や精肉を取り扱うほか、調味料や総菜、ワインなどの酒類も幅広く品揃えする。調剤ロボットや薬の受取ロッカーを併設した調剤部門も設ける。

 クリニックモールには、内科、皮膚科、歯科などの診療所と訪問診療の「幕張スタークリニック」、鍼灸整骨院が入る。

 22年夏の開業を予定する「幕張病院」は、病床数約180床で、診療科目は内科、リハビリ科、精神科となる。商業棟に設置したデジタルサイネージ(電子看板)で幕張病院の診察案内や休診情報を放映するなど、病院棟と商業棟が連携して地域の健康と日常生活を支えるコミュニティ拠点を目指す。

 イオンタウン幕張西の敷地面積は9918平方メートル。延床面積は商業棟4007㎡、病院棟7990㎡。総賃貸面積は3107㎡となる。

人気記事ランキング

© 2023 by Diamond Retail Media