飲食店立ち上げを支援! スーパー隣接型7店舗目「無印良品 東武動物公園駅前」の3つの新機能とは

松尾 友幸 (ダイヤモンド・チェーンストア 記者)
Pocket

「無印良品」を運営する良品計画(東京都/堂前宣夫社長)は2021916日、埼玉県南埼玉郡に「無印良品 東武動物公園駅前」をオープンした。同日開業の食品スーパー(SM)「東武ストア東武動物公園駅前店」に隣接するかたちでの出店だ。地域活性化のための飲食店の立ち上げ支援や、地域住民の憩いの場となる広場の運営など、新たな取り組みにチャレンジした店舗となる。

無印良品 東武動物公園駅前
無印良品 東武動物公園駅前

飲食店運営のための設備を店内に設置

 今回の無印良品と東武ストアの出店は、東武ストアの親会社である東武鉄道の駅前開発の一環だ。地域住民の利便性向上と、「東武動物公園」などへ訪れる来街者との交流を促進する商業施設をめざし、2社が誘致された。

 「無印良品 東武動物公園駅前」のコンセプトは「地域と何かを生み出す場所」。自治体の企業支援活動により、このエリアには自分の好きなことや得意なことを商売にする人が多くいることから、新たな事業立ち上げや地域経済の循環のサポートへの取り組みを通して、街の魅力を伝え交流を促す「地域のコミュニティセンター」をめざす。松崎隼人店長は「自然豊かで住民同士の顔の見える関係性が魅力である一方、世代間の交流の希薄化や新たな産業・個人の創業の土壌が整っておらず、地域の循環を促せていない点が課題だった」と話す。

みんなの台所
みんなの台所

 上記の目標を達成するため、「無印良品 東武動物公園駅前」では主に3つの取り組みを実施する。1つめは、飲食店などの立ち上げを支援するシェアキッチン「みんなの台所」だ。飲食スペースがあるほか、パントリーと2つの厨房を備えており、飲食店営業・菓子製造の許可申請が可能な設備が揃っている。飲食店は1週間単位、菓子製造は1日単位で利用料金を支払うことで借りることができる。

 

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media