阪急うめだ本店に作り手と消費者をつなぐ「コミューナルフードマーケット」

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

阪急うめだ本店にオープンする「コミューナルフードマーケット」の完成イメージ
乳製品のセレクトショップや和風スイーツ専門店などが出店、消費者との交流イベントなどを開催する

 エイチ・ツー・オーリテイリング傘下の阪急阪神百貨店は3月31日、阪急うめだ本店(大阪市北区)の地下2階食品売り場に、作り手と消費者をつなぐ「コミューナルフードマーケット」をオープンする。乳製品のセレクトショップや餡(あん)を使った和風スイーツ専門店など7店舗が出店する。

 同店では2019年10月から、環境保全・地域創生・文化継承の3つを軸に、作り手のこだわりから生まれた食品を紹介する「Hankyu PLATFORM MARKET(阪急プラットフォームマーケット)」を毎月開催している。そこから発展したのが、常設の売り場としてオープンするコミューナルフードマーケットだ。

 すでに同店に出店している焼き菓子店「エシレ・マルシェ オ ブール」やハチミツ専門店「ミールミィ」など3店のほか、新規出店する乳製品セレクトショップ「クラフトミルクショップ」、和風スイーツの「京らく製あん所」、ピーナッツ専門店「ドレ」など4店が集積する。ピーナッツ専門店「ドレ」など4店が集積する。

 広さ約300平方メートルの同売り場では、作り手と消費者が直接対話することができるイベントなどを随時開催していく予定だ。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media