「なにでも、いつでも、どこでも」買い物できるEコマース3.0に挑む

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

マーケットプレイスに特化したSaaSソリューションのリーディングプロバイダーであるMirakl(ミラクル:本拠地、フランス)は2023年9月13日、英ロンドンで「プラットフォーム・パイオニア・サミット・ワールドツアー2023」(Platform Pioneer Summit World Tour 2023)を開催し、小売業界内外から300人以上が参加した。このイベントでは「デア・トゥデイ」(Dare Today:今日、踏み出そう)をテーマに掲げ、マーケットプレイスの開設や運営をサポートするMiraklの様々なテクノロジーが紹介されたほか、Miraklのソリューションを導入してマーケットプレイスを立ち上げた「パイオニア(先駆者)」と称された小売企業の経営陣らが登壇し、幅広い業種・業態にわたって成功事例が共有された。

Eコマース3.0への進化

 基調講演の冒頭で、Miraklの共同CEO(最高経営責任者)兼共同創業者エイドリアン・ヌッセンバウム氏はこれまでのECの変遷を振り返り、「オンラインで『いつでも』買い物できるEコマース1.0の時代から『いつでも、どこでも』のEコマース2.0を経て、『なにでも、いつでも、どこでも』買い物できるEコマース3.0へと進化している」と評した。ユーザーは相応しい商品を適切なタイミングに適当な場所で購入できることを期待している。そのためには、幅広い商品が確実に在庫され、情報やサービスがユーザーの嗜好やニーズに合わせてパーソナライズされていなければならない。

 Miraklは350社以上の顧客とともにマーケットプレイスを立ち上げてきた。Miraklのプラットフォームを通じた流通取引総額(GMV)は2022年時点で対前年比43%増の60億ドル(8700億円:1ドル=145円で換算)にのぼる。Miraklのソリューションを導入してマーケットプレイスを開設・運営する「パイオニア」の業態は様々だ。

Miraklのプラットフォームを通じた流通取引総額(GMV)は2022年時点で対前年比43%増の60億ドル(8700億円:1ドル=145円で換算)

マーケットプレイスの導入企業

 たとえば、英百貨店ハーヴェイ・ニコルズ(Harvey Nichols)のマーケットプレイスでは、英ファッションブランド「Burberry」(バーバリー)をはじめとするラグジュアリーブランドを数多く取り扱っている。また、仏スポーツ用品チェーンのデカトロン(DECATHLON)は自社のマーケットプレイスを開設・運営しながら、スイスの百貨店マノー(Manor)のマーケットプレイスにも出店して自社ブランドの商品を販売している。

 Miraklのソリューションを用いてBtoB(企業間取引)型マーケットプレイスを立ち上げた「パイオニア」もいる。ザ・コカ・コーラ(The Coca-Cola)のボトラー最大手コカ・コーラHBCCoca-Cola HBC)はBtoB型マーケットプレイス「Sirvis」(シルビス)をイタリアで開設。ホテルやレストラン、カフェが飲料や酒類をワンストップで調達できるよう、自社商品だけでなく他メーカーの商品も合わせて豊富に品揃えしている。

飲食店がワンストップで調達できるように自社商品だけでなく他社商品も豊富に品揃え

顧客の希望に沿ったマーケットプレイスの立ち上げ

 英ホームセンターのB&Q(ビー・アンド・キュー)はMiraklと提携してマーケットプレイスを実装し、目覚ましい成果を出している代表的な「パイオニア」だ。20223月に自社ECdiy.com」上にマーケットプレイスを開設し、自社で販売する約4万品目に加えて販売事業者の商品も取り扱っている。マーケットプレイスの開設から1年で商品のカテゴリーは18カテゴリーに拡大し、取扱品目数は約8倍の34万品目に増加した。

 基調講演に登壇したB&Qのカスタマー&デジタルディレクターのパディ・アーンショー氏は、B&Qのマーケットプレイスの品揃えについて「企業側の視点ではなく顧客の希望に沿ったものであるべき」との基本的な考え方を明かしている。

マーケットプレイスの開設から1年で商品のカテゴリーは18カテゴリーに拡大し、取扱品目数は約8倍の34万品目に増加

1 2

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態