「流山おおたかの森S・C フラップス」が3月31日開業、計32店舗が出店

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

「流山おおたかの森S C フラップス」の完成イメージ図
ベーカリカフェを併設した食品スーパー「デイリーテーブル キノクニヤ」や「無印良品」などが、順次オープンする

 高島屋子会社の東神開発は、つくばエクスプレスと東武アーバンパークライン(東武野田線)の「流山おおたかの森駅」前に開発する「流山おおたかの森S・C FLAPS(フラップス)」の開業日を3月31日に決めた。

 「無印良品」やバラエティ雑貨の「フライング タイガー コペンハーゲン」、玩具店を併設した遊び場「ボーネルンドあそびの世界」など32のテナントが順次出店する。紀ノ國屋は、ベーカリカフェを併設した食品スーパー「デイリーテーブル キノクニヤ」を出店する。

 同施設は地上6階建てで、延床面積は約1万1300平方メートル。駅南口の広場に向かって、ひな壇状のテラスが屋上までつながるデザインとし、広場との一体感を高める。南口広場は流山市と共同で改修を進めている。

 東神開発は2004年から流山おおたかの森駅周辺の開発を進めており、既存の「流山おおたかの森S・C 」(本館)、「同ANNEX(アネックス)1」、「こかげテラス」に加えて、フラップス、オフィス中心の「NAGAREYAMA おおたかの森 GARDENS アゼリアテラス」(21年秋開業予定、延床面積約1万200平方メートル)、商業施設の「アネックス2」(22年夏開業予定、同約2万500平方メートル)の3施設のオープンを計画している。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media