ヤオコー東久留米滝山店を最速レポート!目玉商品で差別化を図る

2020/01/24 19:11
ダイヤモンド・チェーンストア編集部 齋藤綾奈

1月24日、ヤオコー(埼玉県/川野澄人社長)が東京都東久留米市に「ヤオコー東久留米滝山店」(以下、東久留米滝山店)をオープンした。既存店の売場づくりを踏襲しながら、新商品の販売に力を入れたという同店。注目商品を中心にレポートしていく。

ヤオコー東久留米滝山店の外観
ヤオコー東久留米滝山店の外観

ザ・プライス跡地への出店 

 東久留米滝山店は、ヤオコーにとって東京都で11店舗目、全体では165店舗目(ともにヤオコー単体)の店舗。埼玉県南部と東京都多摩地区の間に位置し東久留米市には初の出店となる。

 18年に閉店したイトーヨーカ堂(東京都/三枝富博社長)のディスカウント業態「ザ・プライス滝山店」をスクラップし、その跡地に新規出店した。売場面積は約560坪、SKU数は12300と、同社の標準よりもややコンパクトな店舗だ。

 商圏とする店舗から半径1km圏内には、13000世帯/28000人が居住する。

 周辺の競争は厳しく、半径2km圏内には食品スーパーが10店舗ある。自社店舗としては、3.5km離れた場所に「小平回田店」(東京都小平市)、5.1㎞離れて「新座栗原店」(埼玉県新座市)があり、東久留米滝山店の出店によって3店舗で東京北西部エリアのドミナントを深耕する構えだ。

1 2

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media