単身者多いマーケットに対応したヨークベニマル鹿沼千渡店の売場づくりを解説!

取材・文:湯浅 大輝 (ダイヤモンド・チェーンストア 記者)
Pocket

ヨークベニマル鹿沼千渡店

ヨークベニマル鹿沼千渡(せんど)店

〒322-0002 栃木県鹿沼市千渡1842
電話:0289-60-8555
JR日光線「鹿沼」駅からクルマで約4分/東武日光線「新鹿沼」駅からクルマで約9分

見どころ
▶気温や販売計画に基づいて仕入れる「with mom」の総菜商品
▶新規導入! 地元鹿沼市で肥育される「かぬま和牛」
▶価格コンシャス層に対応するため、NB商品は価格を訴求

ヨークベニマル鹿沼千渡店
西間木利文店長
「地元・鹿沼の皆さまに愛されるお店を運営できるよう、努力していきます」

 ヨークベニマル(福島県/真船幸夫社長)は2022年6月17日、栃木県鹿沼市に「ヨークベニマル鹿沼千渡店」(以下、鹿沼千渡店)をオープンした。同社が運営するショッピングセンター(SC)の「ヨークタウン鹿沼千渡」の核店舗としての出店で、このほかクリーニング店と100円ショップの「ダイソー」がテナントに入る。

 鹿沼千渡店はJR日光線「鹿沼」駅からクルマで約4分の場所にある。同店から半径2㎞圏内には約2万8500人/約1万800世帯が居住する。なかでも1~2人世帯の割合が60.5%と単身者が多いマーケットとなっている。新興住宅地と古くからの住宅地が混在し、30~40代から60代以上まで幅広い年代層の住民が居住するエリアだ。

 競合店としては、店舗から半径2㎞圏内に「ヤオハン東町店」や「たいらや鹿沼店」「カスミ鹿沼店」などがある。一方、自社店舗としては鹿沼市内に「鹿沼店」や「鹿沼上殿町店」など3店舗を出店しており、ヨークベニマルは鹿沼千渡店の出店により、市内のドミナントをさらに深耕したいねらいだ。

 入口から青果売場とのダブルコンコースで展開する総菜売場では、

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media