J-オイルミルズ、「ブレンド油」が加熱調理に使えることを積極的にプロモーション!新たな客層の掘り起こしをねらう

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

サラダ油イメージ
zeljkosantrac/i-stock

日常的にえごま油やアマニ油を使ってもらうために、J-オイルミルズでは加熱調理にも使えるブレンド油を提案。ベーシックオイルからの買い替えを促進することで、店頭の単価アップにつなげていく。

開封後も酸化しにくい鮮度キープボトルを採用

 人体になくてはならない必須脂肪酸のひとつであるオメガ3(n-3系脂肪酸)。体内でつくることができないため、食物から摂取する必要があり、このオメガ3が多く含まれているのが、えごま油とアマニ油だ。TVの情報番組などで取り上げられたことがきっかけに認知が高まり、ここ数年伸長が続いている。

 健康意識の高いシニア層を中心に広がっているが、価格が高めで、加熱調理に向いていないため、購入率はまだまだ低いのが現状だ。

J-オイルミルズの「アマニブレンド油」と「えごま ブレンド油」

 そこでJ-オイルミルズでは、加熱に強いコーン油とブレンドした「AJINOMOTOえごまブレンド油」と「AJINOMOTOアマニブレンド油」をラインアップ。ドレッシングなどの生使用から、炒め物など、どんな料理にも使えるのが特徴だ。同商品は、日本で初めてえごま油を食用化した太田油脂と共同で開発。日本人の嗜好に合わせ、食べやすくクセのない味わいに仕上げた。さらに注ぐ量が調整しやすく、開封後も酸化しにくい鮮度キープボトルを採用することで、利便性を高めた。また、「アマニブレンド油」は、従来の600gから、主に炒めもの調理中心に1~2カ月で使い切れる内容量(410g)に変更した。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media