Ready to Heatの進化版!?イオンの冷凍ミールキットの狙いとできばえ

2019/04/19 05:00
大宮弓絵(『ダイヤモンド・チェーンストア』誌)

イオンは冷凍タイプのミールキットの販売を4月より開始した。「新たな市場を切り開く」商品として約2年の期間をかけて開発したものだ。小売各社が続々とミールキットを開発するなか、イオンが投じた商品はどのようなものか。

イオンのミールキット
イオンは約2年をかけて冷凍タイプのミールキットを開発した

小売業だから展開できるミールキット

 有職女性の増加などを背景に食事の準備に対する時短ニーズが高まるなか、昨年ごろからカット済食材や必要な調味料をセットにしたミールキットの開発ラッシュが続いている。

 イオンは18年3月に、オリジナルのミールキット「トップバリュ Cookit (クッキット)」シリーズの販売をスタート。これまでに35SKUを開発し、現在イオングループの約300店で、常時7SKUを展開している。

 そうしたなか今回発売したのが、冷凍タイプのミールキット「フローズン Cookit」シリーズだ。チルドのミールキットを販売するなかで「日持ちがして家に常備しておけるような商品がほしい」という要望があったことから開発に至った。これまでのチルドタイプよりも消費期限が長く廃棄リスクが低いことから、同シリーズはイオングループの大型の食品スーパーや総合スーパーなどの約1500店から取り扱いを始める。またチルドタイプとともに、ネットスーパーでの販売も強化していくという。

 イオントップバリュ取締役マーケティング本部本部長の和田浩二氏は「ミールキットは、比較的単価が高く、商品展開にある程度の広さの売場が必要になることから食品メーカーがなかなか開発できない商品。小売業だから提案可能な商品として開発・販売に挑戦し新たな市場をつくっていきたい」と意気込みを語っている。

和田浩二氏
イオントップバリュ取締役マーケティング本部本部長の和田浩二氏

水も油も必要なし!

 開発したのは「豚肉となすの甜麺醤炒め」「筑前煮」「黒酢酢豚」「鶏もも肉とれんこんの甘辛炒め」「牛肉と野菜のプルコギ風」「えびとブロッコリーの中華あん炒め」の6SKUだ。家庭でつくると、多くの調味料を揃えたり、調理時間が長くかかったりしてしまうようなメニューを提案することで、ミールキットを購入するメリットを感じてもらえるようにした。

 同シリーズにおいて、イオンが他社にない特徴として打ち出すのが「水も油も必要なし」という点だ。

 調理法を見ていくと、まず袋を開けてトレーごと電子レンジに入れ、600ワットで3分30秒温める。

袋の中身
袋の中身はこのような状態
レンジアップ
最初に電子レンジで3分30秒調理し、半解凍状態にするのがポイントだ

 「このひと手間がポイントで、半解凍にすることで素材から出る水分を調理に生かす。また、素材のうま味を感じられる仕上がりになる」とイオントップバリュ商品開発本部デイリー商品部フローズンMDグループの稲垣伸基氏は説明する。

 レンジアップ後は、半解凍の食材をフライパンに移し、付属の調味料を加えて炒めたら完成だ。レンジ調理時間を含めて約10分で完成する。

炒めて完成
食材をフライパンに移し、付属の調味料を加えて炒めたら完成だ
完成品
レンジアップ時間を合わせて10分で完成する

次のページは
他のミールキットとの比較!

1 2

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media