急拡大するデリバリー市場、21年は8000億円規模に

ダイヤモンド・チェーンストア編集部
Pocket

市場占有率大のコピー

急拡大するデリバリー市場、21年は8000億円規模に

 コロナ感染拡大により、外食・中食市場が苦戦するなか、指定場所まで商品を届けるデリバリー市場が一気に広がっている。

 外食・中食市場情報サービスを提供するエヌピーディー・ジャパン(東京都/クリストス・クリストフォロー代表)によると、2021年(1~12月)の外食・中食市場はコロナ前の19年比で21.7%減少。とくに外食(イートイン)については同42.1%減と大きく落ち込んでいる。

フードデリバリーのイメージ
コロナ感染拡大により、外食・中食市場が苦戦するなか、指定場所まで商品を届けるデリバリー市場が一気に広がっている。 i-stock/tdub303

それに対して21年のデリバリー市場規模は、19年比で89%増の7909億円と大きく伸長した。19年までは緩やかに伸びてきたが、コロナ感染が広がった20年に対前比で50%増加。22年は前年をさらに上回る結果になると見込まれ、利用の定着が窺える。

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media