コロナ禍で安定成長続く キャンドゥはイオン入りでどう変わるか

ダイヤモンド・チェーンストア編集部
Pocket

市場占有率大のコピー

コロナ禍で安定成長続く キャンドゥはイオン入りでどう変わるか

 100円ショップを運営する主要5社の2020年度の合計売上高は8670億円で、対前年度比5.1%増と規模をさらに拡大させた。消費者の節約志向の高まりを追い風に成長基調にあった100円ショップ業界だが、コロナ禍での景況感の悪化も手伝って市場拡大が続いている。

 業界最大手の大創産業(広島県)の21年3月期の売上高は対前期比約5%増の5262億円、マーケットシェアは60%を超え、主要5社のなかでも圧倒的な存在感を放っている。店舗数は国内で約3600店舗、海外では24の国と地域で約2200店舗を展開している(いずれも21年2月末時点)。100円ショップ業態に加えて、昨今は

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media