すべてHACCP認定取得工場で製造、徹底した品質管理に重きを置く韓国産キムチの魅力とは?

石山 真紀
Pocket

韓国を代表する食材のひとつであるキムチ。韓国産のキムチはすべてHACCP認定を取得した工場で製造されており、 種類の豊富さや滋味あふれる味わいと共に、衛生面や安全面でも高い評価を受けている。

factory

安心安全な韓国産キムチ 目印はキムチくんマーク

 キムチは、主原料である塩漬け白菜に唐辛子粉やにんにく、生姜、ねぎ、大根、塩辛などを混ぜて漬け込み発酵させた、韓国の食文化を語るうえで欠かせない食品だ。原料となる野菜は白菜だけでなく大根やきゅうりなど様々で、地域や季節、調味料の種類や配合・熟成方法も異なる。また、各家庭に伝わる漬け方があるため、家庭ごとに味が異なるのも特徴となっている。

 キムチが世界的に知られるようになったきっかけは、1984年のロサンゼルスオリンピックで、公式メニューとして採択されたこと。それから約30年、キムチは日本や中国といったアジア圏だけでなく、イギリス、オランダ、ドイツ、フランス等のヨーロッパ各国やアメリカなど約150カ国に輸出されている。

 日本においては、ソウルオリンピックをひとつのきっかけとして徐々に浸透した。今では漬物の代表格として日常的に食され、国内での浸透と共に日本産や中国産など、韓国産以外のキムチも増えている。

 韓国産キムチは、すべてHACCP(Hazard Analysis and Critical Control Point:危害分析重要管理点)認定を取得した工場で製造されている。それは、韓国政府が国民食であるキムチを安心して食すことができるように2012年から韓国国内のキムチ工場に対してHACCP認定を義務化することにしたためだ。そして、20年には韓国国内のキムチ工場の100%HACCP認定取得。日本でも216月からキムチ工場を含んだすべての食品業態にHACCPを根拠とした衛生管理導入が義務化された。また、韓国産キムチは、「キムチの有害微生物の管理ガイドライン」による徹底した衛生管理により、安全・安心面でも高い評価を得ている。

 安全・安心を徹底した韓国産キムチを見分ける方法のひとつが『キムチくんマーク』だ。
『キムチくんマーク』は韓国産キムチにのみ付けられており、韓国政府認定の証でもある。

 韓国農水産食品流通公社では店頭用のPOPや啓発ポスターなどを通じて、韓国産キムチの安全性やおいしさに関する情報発信に努めている。

「キムチくんマーク」の入ったPOP
韓国農水産食品流通公社では『キムチくんマーク』の入ったPOPを作成し、韓国産キムチの安全・安心の普及につとめている。

韓国産キムチの詳細はこちら

 

国内で購入可能な『キムチくんマーク』がついている韓国産キムチ例
国内で購入可能な『キムチくんマーク』がついている韓国産キムチ例

 

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media