「ご飯がススム辛口キムチ」、市場全体が伸長するなか商品の個性を引き立たせてヒットの要因に

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

2022年春・夏 新商品ヒットランキング キムチ部門

ピックルスコーポレーションは2022年2月、「ご飯がススム辛口キムチ」と「同カクテキ」のリニューアルを実施。「ご飯がススム辛口キムチ」が、2022年春・夏新商品ヒットランキングのキムチ部門でNo.1となるなど、キムチ市場の拡大に貢献している。

コロナ禍で大きく伸びたキムチ市場、裾野の広がりにつながる

 近年のキムチ市場は、コロナ禍によって、家庭内食の機会が増えたこともあり、大きく成長してきた。キムチの人気ブランドである「ご飯がススム」シリーズを販売するピックルスコーポレーションも、この好調の波によって販売実績を伸ばしている。

ピックルスコーポレーションの「ご飯がススムキムチ」
食べやすさと国産素材の安心感などが高く評価される、シリーズを代表するレギュラー商品「ご飯がススムキムチ」

 同社執行役員・開発室長の奥富寿明氏は、「巣ごもり需要の拡大という背景もありますが、キムチに含まれる乳酸菌が免疫力向上につながるというイメージも広がり、コロナ禍において、機能性の面から注目されてきたという側面も大きいと思います」と言う。

 そうしたなかで、2022年2月にシリーズ商品の「ご飯がススム辛口キムチ」と「ご飯がススムカクテキ」をリニューアル。さらに市場にインパクトを与える結果となった。リニューアルのねらいは、シリーズ商品をよりニーズに合った味わいに改良し、配荷率や認知度を高めること。そして、その結果として、主力の「ご飯がススムキムチ」に続く柱となる商品に育成することだった。

ピックルスコーポレーション商品開発部開発室開発課 五十嵐 真由佳氏
商品開発部開発室開発課 五十嵐 真由佳氏

 同社商品開発部開発室開発課の五十嵐真由佳氏は、具体的なリニューアルの内容について次のように言う。

 「『ご飯がススム辛口キムチ』については、従来品で好評だった魚介の濃厚さはそのままに、辛さとにんにく感をパワーアップし、ご飯はもちろん、おつまみとしても合う味わいに仕上げています。店頭でレギュラータイプと合わせて陳列していただくために、シリーズ商品それぞれの個性をより際立たせ、食シーンの違いを打ち出そうと考えました」

ピックルスコーポレーションの「ご飯がススム辛口キムチ」
キムチ部門No.1に輝いた「ご飯がススム辛口キムチ」。魚介の濃厚さはそのままに、辛さとにんにく感がパワーアップした

 同時にパッケージデザインを改良して、シリーズ商品としての統一感を出したほか、包装パッケージ印刷に使用するインクを植物性のバイオマスインキに切り替えている。従来の油性グラビアインクと比較して、CO2発生量が約10~20%削減されるという。この点について、パッケージ側面には日本有機資源協会の認定番号が記載された「バイオマスマーク」を表示するなど、周知を図っている。

1 2

人気記事ランキング

© 2023 by Diamond Retail Media