低カロリー甘味料市場、2023年は厳しいスタート 価値訴求で新規ユーザー獲得が課題

山田陽美
Pocket

堅調な拡大を続けてきた低カロリー甘味料市場だが、2022年9月頃から前年割れが続いている。継続的に低カロリー甘味料の価値や使い方などを提案して、新規ユーザーの獲得を図ることが必要だ。

景気低迷の影響で22年9月以降前年割れ

 健康や美容意識の高まりにより、拡大が続いている低カロリー甘味料市場。コロナ禍における内食機会の増加により、間口・奥行きともに広がったが、ここにきて踊り場にさしかかっている。

健康のイメージ
堅調な拡大を続けてきた低カロリー甘味料市場だが、2022年9月頃から前年割れが続いている(i-stock/west)

 KSP-POSデータの低カロリー甘味料の期間通算(2022年3月~23年2月)の金額PIは、898円で対前年同期比1.4%減、数量PIは1.84で同5.3%減となった。月別金額PIでは3月から8月までは前年を上回って推移。そのなかでも5月~8月の金額PIは微増なのに対し、数量PIは前年割れとなった。これは6月の値上げの影響が大きいといえる。さまざまな食品の値上げや燃料費の高騰などにより、家計への負担が大きくなっており、高額商品を控える傾向にあるため、低カロリー甘味料は買い控えの対象になっていることが予想される。9月以降は前年割れが続いており、数量PIでは2ケタ減の月もみられる。

 美容や健康に気づかう人は継続的に低カロリー甘味料を使用していることから、一時的に需要が下がっただけで、引き続き市場は堅調といえそう。世界的にみれば低カロリー甘味料の需要は高まっており、今後も拡大が予想される。

1 2

関連記事ランキング

関連キーワードの記事を探す

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態