規模拡大と上位集中が猛烈に進む!ドラッグストア市場規模&寡占化率2023

ダイヤモンド・チェーンストア編集部
Pocket

市場占有率1280

国内ドラッグストア(DgS)の2021年度の市場規模は対前年比6.3%増の8兆5408億円となり、直近5年で最も高い伸び率を示した。上位10社による占有率は約72%。最大手ウエルシアホールディングス(東京都:以下、ウエルシアHD)の売上高が1兆円を超えたのをはじめ、大小さまざまな再編劇が進むなかで上位集中が加速している。

ウエルシアHD、1兆円の大台に

 DgS業界では、他業界に類を見ない勢いで各社が出店攻勢をかけているほか、生鮮を含む食品を中心に取り扱いカテゴリーを広げることで集客力を高め、売上を伸ばしている。また、ここ数年は大手を中心にM&A(合併・買収)が活発化しており、上位企業のマーケットシェアが高まり続けているのが現状だ。

ウエルシア
イオン九州(福岡県)とフード&ドラッグ専業の合弁会社イオンウエルシア九州(福岡県)を設立し新業態「ウエルシアプラス」を開発。

 そうしたなかで大きなインパクトをもたらしたのが、「1兆円企業」の誕生である。最大手のウエルシアHDの22年2月期の連結売上高が1兆259億円となり、DgS業界で初めて1兆円の大台に乗った。同社は積極的なM&A戦略によって業容を拡大しており、直近でもふく薬品(沖縄県)、コクミン(大阪府)などを傘下に収めている。また、カスミ(茨城県)やマックスバリュ北陸(石川県)と共同出店したほか、イオン九州(福岡県)とフード&ドラッグ専業の合弁会社イオンウエルシア九州(福岡県)を設立し新業態「ウエルシアプラス」を開発。イオングループの食品スーパー企業と連携しながら、食品強化に本腰を入れている。

 旧マツモトキヨシホールディングスと旧ココカラファインの経営統合によって21年10月に誕生した、マツキヨココカラ&カンパニーの

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

人気記事ランキング

© 2023 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態