日本アクセスが首位に!日本の食品卸市場規模と有力各社シェア率ランキングは?

Pocket

市場占有率1280

経済産業省が公表する「農畜産物・水産物卸売業」「食料・飲料卸売業」の合計により算出した2021年度の食品卸業界の市場規模は、対前年度比1.0%増の88兆9610億円だった。巣ごもり特需の反動減の影響を受けながらも、外出自粛のムードが薄まったことで外食産業が伸び、前年から2年連続で続いていた縮小傾向から脱出した。上位10社による占有率は同1.1ポイント(pt)減の11.9%と減少している。

2020年度の市場規模は88兆150億円。前年の本誌同特集では2020年度の市場規模を89兆2598億円と記載しており乖離があるが、今号では経済産業省が公表する最新データ(2023年4月時点)を参照している。

農畜水産物と食料・飲料、ともに販売額は微増

 経済産業省の「商業動態統計」によると、2021年度は「農畜産物・水産物卸売業」「食料・飲料卸売業」の両部門とも販売額は微増を記録。昨年まで2年連続で続いていた食品卸業界の市場規模減少に歯止めがかかった。

 その一因には、国内の外食産業向け販売の復調がある。20年度は巣ごもり需要が高まり外食産業は伸び悩んだが、21年度は新型コロナ新規感染者の減少に伴い外出自粛ムードが薄まり外食需要が復活。同産業に向けた販売も回復に転じた。

食品卸のイメージ
20年度は巣ごもり需要が高まり外食産業は伸び悩んだが、21年度は新型コロナ新規感染者の減少に伴い外出自粛ムードが薄まり外食需要が復活。同産業に向けた販売も回復に転じた。(i-stock/Wavebreakmedia)

 上位10社による市場占有率は、市場規模が微増した一方で、上位企業の売上が下がったため前期比1.1pt減の11.9%だった。

三菱食品を抜いて日本アクセスが1位に

 ランキングを見ると、これまで不動だった三菱食品(東京都)のトップの座を日本アクセス(東京都)が

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

記事執筆者

ダイヤモンド・チェーンストア編集部 / 株式会社ダイヤモンド・リテイルメディア

ダイヤモンド・チェーンストア編集部は、業界をリードする提案型編集方針を掲げ、小売業の未来を読者と共に創造します。私たちは単なるニュース伝達に留まらず、革新的なビジネスモデルやトレンドを積極的に取り上げ、業界全体に先駆けて解説することを使命としています。毎号、経営のトップランナーへの深掘りインタビューを通じて、その思考や戦略を読者に紹介します。新しくオープンする店舗やリニューアルされた店舗の最新情報を、速報性と詳細な分析で提供し、読者が他では得られない洞察を手に入れられるよう努めています。私たちの鋭い市場分析と、現場の細部にわたる観察を通じて、注目すべき店舗運営の秘訣を明らかにします。

ダイヤモンド・チェーンストア編集部紹介サイトへ

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態