米レストラン業界、売上高に2250億ドル打撃も 新型コロナで

2020/03/19 11:30
ロイター

米ワシントンのレストランの様子
全米レストラン協会(NRA)は18日、新型コロナウイルス流行を受けた休業や営業時間短縮によって、米国のレストラン業界の売上高が今後3カ月で2250億ドル失われる恐れがあるとの試算を示した。ワシントンで17日撮影(2020年 ロイター/CARLOS BARRIA)

[ニューヨーク 18日 ロイター] – 全米レストラン協会(NRA)は18日、新型コロナウイルス流行を受けた休業や営業時間短縮によって、米国のレストラン業界の売上高が今後3カ月で2250億ドル失われる恐れがあるとの試算を示した。

NRAはホワイトハウスや議会指導部に宛てた書簡で、1450億ドルの救済危機など、レストラン業界への支援を要請した。

前日にはマクドナルド、レストラン・ブランズ・インターナショナル、ヤム・ブランズなどのファストフードチェーン大手の首脳がトランプ大統領や政府高官と会合した。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media