ファストリ、通期営業益予想を300億円下方修正 海外ユニクロを減額

2020/01/09 15:57
ロイター

都内のユニクロ店舗
1月9日、ファーストリテイリングは、2020年8月期の連結営業利益予想を300億円減額し、前年比4.9%減の2450億円にすると発表した。写真は都内のユニクロ店舗。2017年1月撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 9日 ロイター] – ファーストリテイリングは9日、2020年8月期(国際会計基準、IFRS)の連結営業利益予想を300億円減額し、前年比4.9%減の2450億円にすると発表した。第1・四半期までの下振れを反映したほか、足元の韓国・香港の状況を踏まえ、海外ユニクロ事業の下期の予想を減額修正した。

リフィニティブがまとめたアナリスト14名の通期営業利益予想の平均2856億円を大きく下回った。

海外ユニクロ事業は上期が増収・大幅減益、下期は増収減益になる見通し。中国本土や香港、台湾で構成する「グレーターチャイナ」は、警察と抗議デモ参加者との激しい衝突が続く香港が大幅減益となるほか、元安による押し下げもあり減益を見込む。また、韓国事業は赤字となる見込み。

一方、その他のアジア・オセアニア事業は好調で、欧州も通期で増収増益と予想。北米は通期での黒字化を見込んでいる。

国内ユニクロ事業は、通期で増収増益を予想している。

2019年9―11月期の連結売上収益は前年比3.3%減の6234億円、営業利益は同12.4%減の916億円で減収減益となった。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media