ビジネスは「一勝九敗」 ファーストリテイリングを世界的大企業に導いた“柳井哲学”

千田直哉
Pocket

ファーストリテイリング(山口県)会長兼社長の柳井正さんの新規事業の立ち上げと撤退についての機敏さは出色だ。家業の紳士服店を一大企業に育て上げた柳井さんは、「失敗を恐れていては、企業は成長できない」という。

ユニクロ店舗外観

ビジネスは「一勝九敗」

 SPA(製造小売業)に挑戦したものの不安定な品質に悩み、新業態「スポクロ」「ファミクロ」は1年で撤退。「フリース」や「原宿店」のヒットで勇躍するも、その反動の業績急降下でマスコミや証券アナリストに叩かれた。柳井さんは新ビジネスを立ち上げたり、企業をM&A(合併・買収)することにはとても積極的だ。しかしその一方で、簡単に成功するとは思っていない。「10回新しいことを始めれば9回は失敗する」(『一勝九敗』〈新潮社〉)と記しており、所詮ビジネスは「一勝九敗」というところからスタートしている。だから、うまくいかなければ、撤退して当然ということが常に頭の中にあるのだろう。

 この考えがもっとも鮮明に表れたのは、2002年9月に新設した事業子会社エフアール・フーズの撤退である。「SKIP(スキップ)」ブランドでネット販売と会員制販売をスタートさせ、松屋銀座(東京都)に1号店を開業。その後も店舗網を広げたものの事業は軌道に乗らず、約20億円の損失を生んだのち、わずか1年6ヶ月で撤退を決めている。

 「グローバル旗艦店」「ヒートテック」「エアリズム」「ウルトラライトダウン」「UT」「スポーツユーティリティウエア」などは大成功を収めた。しかし一方では、靴事業「CANDISH」や「キャビン」の婦人服事業は撤退している。まさに、「一勝九敗」を地で行く壮絶なビジネス人生の中で確実に地歩を固め、日本一のアパレルチェーンをつくりあげ、ファーストリテイリングは世界一にも手が届くところまできた。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media