アパレルビジネス一変!「コストダウン」から「調達コスト無料化」へ進む衝撃の近未来とは

河合 拓
Pocket

これまで、商社とアパレル企業の南下政策、つまり、人件費の安い場所をさまよい5年ごとに産地移転を繰り返し、国内産業の空洞化を招いてきた歴史を解説した。

 かくいう私自身が商社で「南下政策」を推進してきた張本人の一人であるが、この政策は一時的にはアパレル、商社に利益を生み出したものの、中長期的な産業戦略としては、世界でも有数の実力を持つ生産工場や化合線メーカの競争力を弱体化させ、国内生産は総投入量のわずか2%という壊滅的状態に陥れた。

 こうした状況下においても、なお、アパレル・リテーラーは「バングラで作ればもっと安くなりますね」と、商社に、コストダウンを聞いている。日本人の産業界は商品を高く売ることは苦手だ。この動きは止められない。本日は、この南下政策の次に起きる「仕入れコストゼロ」の衝撃、そして、それを実現した企業が圧倒的なコスパ勝負で市場を席巻する近未来予想を描いてみたい。

コスト競争の次は、「調達コストの無料化」

伝統繊維メーカーを起こりとし、生体情報マネジメントを行う企業へと変革したミツフジ
伝統繊維メーカーを起こりとし、生体情報マネジメントを行う企業へと変革したミツフジ

 ミツフジという企業がある(https://www.mitsufuji.co.jp)。ミツフジは日本の繊維メーカーで世界にその技術が注目されている。ミツフジの技術とは、銀を繊維に均等に塗す加工技術にあるようだ。

 繊維(ファイバー)に「銀」などを入れたり穴を開ける技術は30年前からあった。だが、このミツフジは、その「まぶし方」が均等である点が技術優位性の原点のようだ。勘の良い方ならお分かりかと思うが、この繊維で作られた衣料品には銀が混ざっているため、スポーツ衣料、あるいは、アンダーウエアなどをこの繊維で作れば、人体サイズどころか、その動きさえも正確に把握することが可能だ。実際、すでに某社のボディースーツ計測機器に、この技術が使われている。

 おそらく、ミツフジ繊維を使った体にフィットした形状の衣料品からダイナミックデータ(動的データ)を吸い上げ、理想サイズとのギャップという初期的なものから、正しいカラダの使い方、例えば、ランニング中の姿勢や数ヶ月後のシェイプの変化なをウエアラブルデバイスで計測することが可能だ。  

 例えば、Appleのウエアラブルデバイスなどと組めば驚くようなことが可能だ。今、Apple watchは手首からしかデータを吸い上げることができないが、着ているウエアから、体の動的データを入手すれば、それだけで人間の静態的データから、動態的データまでをパーソナル・ベースで保管、分析することが可能となる。体の動的変化の可能性を計測したビジネスの可能性は無限であり、世界最高のパーソナルドクターが個人ベースでそばにいる時代になる。

※10月20日修正:一部、表記上であやまった点があり修正しています。心よりお詫びします。河合拓、編集部

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media