最新!2021年ドラッグストア売上高ランキング スギホールディングスがマツキヨを抜く!

『ダイヤモンド・ドラッグストア』誌編集長 小木田泰弘
Pocket

大手ドラッグストア企業の2020年度業績が出揃った。前年の売上高トップのウエルシアホールディングス(東京都)が首位を堅持。業績好調のスギホールディングス(愛知県)が前年第6位から1つランクアップした。インバウンド消失の影響を大きく受けたマツモトキヨシホールディングス(千葉県)は順位を1つ下げた。

ウエルシア

スギホールディングスが第5位にランクアップ

 大手ドラッグストア企業の2020年度業績が出揃った。マツモトキヨシホールディングス、ココカラファイン(神奈川県)、富士薬品(埼玉県)を除く7社が増収となった。2ケタ増収は7社中1社で、前年度からは4社減少した。

 増収率トップは積極的に新規出店を進めるスギホールディングス(対前年度11.2%増)。以降はウエルシアホールディングス(同9.4%増)、ツルハホールディングス(北海道:同9.3%増)、コスモス薬品(福岡県:同6.1%増)、クリエイトSDホールディングス(神奈川県:同5.9%増)、サンドラッグ(東京都:同2.7%増)と続く。

 2021年のランキングでは、前年に続いてウエルシアホールディングスが首位を堅持したほか、スギホールディングスがマツモトキヨシホールディングスを抜いて第5位にランクアップした。ツルハホールディングス、コスモス薬品、サンドラッグ、ココカラファイン、富士薬品、クリエイトSDHD、クスリのアオキホールディングス(石川県)の順位は前年と同じだった。

 店舗数ではツルハホールディングスが最多で2420店舗。ウエルシアホールディングスが2207店舗、マツモトキヨシホールディングスが1764店舗と続く。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media