セブン&アイ、ネットスーパー専用の配送センターを新横浜に、23年春稼働

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

イトーヨーカ堂が運営するネットスーパーの専用の大型配送センター「イトーヨーカドーネットスーパー新横浜センター(仮)」完成イメージ
イトーヨーカ堂が運営するネットスーパーの配送拠点として、近隣の約30店舗の配送エリアをカバーする

 セブン&アイ・ホールディングス(HD)は7月2日、横浜市にネットスーパー専用の大型配送センターを開設すると発表した。1日に公表した「中期経営計画」に基づき、消費者宅までのラストワンマイルの配送機能を強化する。

 施設名は「イトーヨーカドーネットスーパー新横浜センター(仮)」で、イトーヨーカ堂が運営するネットスーパーの配送拠点として、近隣の約30店舗の配送エリアと同センターから約30キロメートル圏をカバーする。

 大和ハウス工業が横浜市都筑区に開発する大型物流施設の1〜3階を借り受け、2023年春に稼働を始める予定だ。賃貸面積は3万6456平方メートル。運営はヨーカ堂が担う。

 イトーヨーカドーネットスーパーは2001年からサービスを開始した。新型コロナウイルスの感染拡大が収束した後も、ネットスーパーのニーズが拡大していくものとセブン&アイHDではみている。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media