デニーズの一画がテレワーク用スペースに、都内の2店舗で実証実験を開始

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

「デニーズ浅草雷門店」のテレワーク用スペース
「デニーズ浅草雷門店」では、カウンターとテーブル席の合わせて13席をテレワーク用スペースとして貸し出す

 セブン&アイ・ホールディングス傘下のセブン&アイ・フードシステムズは、ファミリーレストラン「デニーズ」の店内の一画をテレワーク用スペースとして貸し出す実証実験を東京都内の2店舗で始める。

 2月8日から「デニーズ錦糸町駅前店」(墨田区)、9日から「デニーズ浅草雷門店」(台東区)で、平日の午後2時から6時の間、客席の一部を貸し出す。料金はドリンクバー付きで税込み600円。電源や無線LANを利用できるほか、通常料金で食事なども注文できる。

 テレワーク用スペースの利用には、テレワーク・テクノロジーズ(東京都新宿区)の空席シェアサービス「テレスペ」を使う。対話アプリ「LINE」でテレスペを友だちに追加すると、トーク履歴からアプリが立ち上がる。事前にクレジットカードを登録し、デニーズの店舗に着いたらアプリでチェックインし、テレワーク用スペースを利用する。退店時にアプリでチェックアウトすると、クレジットカードに料金が課金される。月会費は100円。法人登録して、社員全員の利用分をまとめて請求書払いする方法もある。

 錦糸町駅前店ではテーブル席4席、浅草雷門店ではカウンターとテーブル席の合わせて13席をテレワーク用スペースにする。この2店舗での利用状況を確認した上で、導入店舗を増やしていく計画だ。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media