ストアオブザイヤーからみる小売の流行と歴史 第1回〜第33回までの受賞店舗を一挙掲載

Pocket

ある方から、「『ダイヤモンド・チェーンストア』誌の“ストアオブザイヤー”を毎年楽しみにしている。この10年くらいはわかるんだけど、それ以前にはどんな店舗が1位を獲っているのか教えて欲しい」と尋ねられた。過去に「(ストアオブザイヤーを決めることで)『時代の価値観』の変遷を記録したい」と書いた私ではあるが、その変遷をしっかりまとめたことがなかったという反省に立ち、今回は、「ダイヤモンド・チェーンストア」誌(2016年までは「チェーンストアエイジ」誌)が発表した過去33回のストアオブザイヤー第1位受賞店舗を一挙掲載する(第1回は1988年発表で対象期間は1987年1月~12月。以下、同様)。その時々の編集長によって選出方式が変わっているなど、新しい発見があったことも付け加えておきたい。

2020年 ストアオブザイヤー第1位受賞店舗 サミットストア テラスモール松戸
第33回(2020年) ストアオブザイヤー第1位受賞店舗 サミットストア テラスモール松戸

第1回〜第15回

 第1回(1988年) ニッショーストア池田(兵庫県) 
※ニッショーは現在の阪急オアシス

 第2回(1989年) 
GMS(総合スーパー)部門 西友長浜楽市(滋賀県)
SM(食品スーパー)部門 いかりスーパーマーケット塚口(兵庫県)

 第3回(1990年) 
SC(ショッピングセンター)部門 マイカル本牧(神奈川県) 
※マイカルは現在はイオングループ入り
GMS部門 イトーヨーカドー郡山(福島県)
SM部門 ニッショーストア寝屋川(大阪府)

 第4回(1991年) 
SC部門 イズミヤカナート西神戸(兵庫県)
GMS部門 ダイエーハイパーマート二見(兵庫県)
SM部門 ヨークベニマル東根(山形県)

 第5回(1992年) 
SC部門 藤越スーパーセンター谷川瀬(福島県)
※藤越はヨークベニマルが吸収合併
GMS部門 ダイエー横須賀(神奈川県)
SM部門 ヨークベニマル御幸が原(栃木県)

1993年第1位受賞店舗 KOU’sハーバーランド
第6回(1993年)ストアオブザイヤー第1位受賞店舗 KOU’sハーバーランド

 第6回(1993年) KOU’sハーバーランド(兵庫県)
※KOU’sはウォルマートのSam’s CLUBを模したダイエーの会員制ホールセールクラブ

 第7回(1994年) イトーヨーカドー古淵(神奈川県)

 第8回(1995年) 上越ウイングマーケットセンター(新潟県)

 第9回(1996年) ジャスコパワーシティ四日市(三重県)
 ※ジャスコは現在のイオン

 第10回(1997年) キャナルシティ博多(福岡県)

 第11回(1998年) マイカル明石(兵庫県)

 第12回(1999年) 横浜ベイサイド マリーナショップス&レストランツ(神奈川県)

 第13回(2000年) ヴィーナスフォート(東京都)

 第14回(2001年)ストア・デザイニング賞 
REI東京フラッグシップストア(東京都)

 第15回(2002年) ストアセレクト(6店舗選出、順位はなし)
ラ・フェット多摩南大沢(東京都)
ヤオコー狭山(埼玉県)
ヤマナカ岐阜フランテ館(岐阜県)
大丸ピーコック石川台(神奈川県)
トイザらスお台場(東京都)
スターバックスコーヒージャパン

STORE OF THE YEAR 2021 投票期間:1月29日(金)~2月12日(金)投票はこちらから

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media